ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ジャズコーラス40周年。ローランドJC-40リリース間近!

JC-120との相違点

スピーカーのサイズ

JC-120のスピーカユニットのサイズが12インチに対し、JC-40のそれは10インチ。

低音が若干迫力不足になるのでは?とも想像しますが、そもそも低音ゴリゴリのギターサウンドを鳴らすには、マーシャルやメサブギ等のスタックアンプを選択するでしょう。

また、10インチと言えど2発備えているので、スペックから想像されるよりはロー感はあるのではないでしょうか。

ステレオインプット・独立2chではない

インプット自体がステレオ入力になっているのは、JC以外のアンプを見渡してもそうはありません。

昨今は空間系のエフェクターがステレオ仕様のものも多く、ステレオインプットは現代的にアップデートされた仕様と言えます。

しかし、JC-120はエフェクトループがステレオ仕様になっており、元々あった機能が前面に出て来たような形ですね。

そして、JC-120には1chと2chそれぞれHIGH、LOWインプットがあり、「リンク」という使い方ができましたが、JC-40ではそれが出来ません。

リンク使いのギタリストにとっては、この点が最もやっかいな点になるでしょう。

猛るディストーション

JC-120のディストーションつまみ。

果たしてこれを活用しているギタリストが、世にどれほどいるのでしょうか?

ディストーションとは名ばかりの、言葉は悪いですが何とも貧弱な歪み。

しかし、冒頭の動画5:30辺り〜をご覧ください。

「これがJCなのか?」と耳を疑わんばかりの歪みっぷり。

よくよく考えれば、RolandのBOSSブランドでは多数の歪みペダルを世に送り出しており、むしろ歪みは十八番、強力な歪みを搭載できない訳がないのです。

これは、BOSS歪みペダルを買っていただこうという、Roland様のグランドプランだったのでしょうか。。

しかし、JC-40は歪みも強力、オールインワンでいけてしまうかも知れません!

変化するコーラス

JCサウンドを特徴づける大きな武器、それが「空間合成コーラス」。

JC-120のコーラス部には、コーラス・オフ・ビブラートの選択つまみと、そのセクションに配されたデプス、スピードつまみがあります。

一見このデプス、スピードでコーラスのパラメータをコントロール可能に見えますが、実はこれらはビブラート専門でコーラスには一切関与していません。

しかし、JC-40ではその設定をコントロール出来るというのです。

これはこの機種ならではの機能であり、私達はこれまで聴いたことのないJCサウンドを体験できそうですね。

ノン・キャスター

写真やスペック表を見る限り、キャスターは付属していないようですね。

自分でとりつけたり、キャスターボードに乗っけたりすれば済む話ではありますが、ここはデフォルトで付属しておいてほしいパーツです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています