スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ジャズコーラス40周年。ローランドJC-40リリース間近!

JC-120が今年2015年でデビューから40周年。

そして!

40周年を記念してか?その弟分的存在JC-40のデビューが発表され、正式に2015年11月7日にリリースされることが発表されました。

これはギタリストならずとも気になるニュースではないでしょうか?

“ジャズ・コーラス”の小型モデルを新発売

JC-120との相違点

出力

JC-120(60w+60w)と比べ40(20w+20w)とは、音量は3分の1程ではないか?少し足りないのでは?と思う方も多いでしょう。

しかし、普段ライブやリハーサルで、JC-120のボリュームをフルテンにすることはあるでしょうか?

真空管アンプならば、真空管の持ち味を最大限に発揮するためにそうすることはあるでしょうが、JC-120はトランジスタアンプ、せいぜいボリュームは3-4くらいではないでしょうか?

そう考えると、ライブでもリハーサルでも、ボリュームをかなり上げれば十分バンドに対抗できる音量は稼げるのではないかと想像しております。

スピーカーのサイズ

JC-120のスピーカユニットのサイズが12インチに対し、JC-40のそれは10インチ。

低音が若干迫力不足になるのでは?とも想像しますが、そもそも低音ゴリゴリのギターサウンドを鳴らすには、マーシャルやメサブギ等のスタックアンプを選択するでしょう。

また、10インチと言えど2発備えているので、スペックから想像されるよりはロー感はあるのではないでしょうか。

ステレオインプット・独立2chではない

インプット自体がステレオ入力になっているのは、JC以外のアンプを見渡してもそうはありません。

昨今は空間系のエフェクターがステレオ仕様のものも多く、ステレオインプットは現代的にアップデートされた仕様と言えます。

しかし、JC-120はエフェクトループがステレオ仕様になっており、元々あった機能が前面に出て来たような形ですね。

そして、JC-120には1chと2chそれぞれHIGH、LOWインプットがあり、「リンク」という使い方ができましたが、JC-40ではそれが出来ません。

リンク使いのギタリストにとっては、この点が最もやっかいな点になるでしょう。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています