- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ジャズコーラス40周年。ローランドJC-40リリース間近!

JC-120が今年2015年でデビューから40周年。

そして!

40周年を記念してか?その弟分的存在JC-40のデビューが発表され、正式に2015年11月7日にリリースされることが発表されました。

これはギタリストならずとも気になるニュースではないでしょうか?

“ジャズ・コーラス”の小型モデルを新発売

JC-120との類似点

まずはこの試奏動画を見てみましょう!

Roland JC-40 Combo Amp Review by Sweetwater

サウンドはJCっぽいですよね!

ルックス

「当たり前じゃないか!」と思われるかも知れませんが、結構重要な点です。

これまでJCの系譜には多数の派生ユニットが存在し、例えばヘッドとキャビネットセパレートのタイプや1スピーカーのタイプなど、「音の傾向はほぼ一緒だけど、なんか見た目違う。。」的ユニットもありましたが、それらは歴史の闇へと消えて行きました。

若干サイズは小さいながらも、「お!JCやないか!」と思わせるルックスが、そのアンプから発せられる音へのイマジネーションに繋がるのです。

2アンプ2スピーカー

JC-120は独立した2つのアンプで2つのスピーカーを鳴らしています。

2つのスピーカーを鳴らすためには1つのアンプでも設計することは可能だが、あえて2つのアンプを採用しているということです。

JCのあのトランスピアレントなクリーンサウンドは、あまんりアンプに無理させていないから(2つあるから)実現している、ということではないでしょうか。

JC-40ももちろんその設計を継承しています。

リベット(鋲)

いかにもな屈強さを視線で訴える鋲。

ロックの象徴とも言える鋲を穿った筐体はまさに質実剛健。

その堅牢性が売りの一つでもあるJCにとって、鋲打はルックス・構造的にも欠かせない要素なのです。

ソリッドステート

JC-40も真空管アンプではなくソリッドステートアンプです。

真空管を使わずトランジスタで音を加工し増幅します。

「音のリッチさ」で言えば真空管アンプに軍配が上がるのは、ギタリストなら肯首せざるを得ないところでしょう。

しかしJCは、トランジスタならではのコンディションの維持のしやすさ、メンテナンスの容易さ、ひいてはランニングコスト等、純粋な「音の好み」の要素外でスタンダードを築き上げた破壊的イノベーション。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています