- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

夏フェス・ロックフェス「RUSH BALL」の魅力。

毎年夏に開催される関西を代表する野外ロックフェスRUSH BALL。

今回はRUSH BALLの魅力をお伝えいたします。

RUSH BALLとは

RUSH BALL 2016 at 泉大津フェニックス

RUSH BALLとは1999年から大阪で毎年おこなわれている野外ロックフェスです。

2005年からは現在の泉大津フェニックスで開催されており、毎年多くの音楽ファンを魅了している大阪の夏の風物詩とも言えるイベント。

ラジオ局FM802の関連イベントによく出演しているロックバンドからフェス常連のロックバンド、さらにヒップホップアーティストが出演しており、関西の音楽フェスファンとしては外せないイベントの1つではないでしょうか?

RUSH BALLの魅力

ここからはRUSH BALLの魅力をポイントを絞ってご紹介していきます。

潮風の気持ちいい会場、泉大津フェニックス

まずお伝えしたいのは開放感あふれる会場、泉大津フェニックスについてです。

泉大津フェニックスは大阪府泉大津市の埋立地を利用した多目的広場で、音泉魂やHAZIKETEMAZAREなどさまざまな音楽フェスが開催される会場です。

この泉大津フェニックス、埋立地なのですぐとなりが海。

会場では爽やかな潮風が吹き抜け、とっても心地よい空間ができあがります。

また埋立地ならではの広い敷地を活かして、会場の駐車場もたくさん用意されているのでアクセスのしやすさも魅力です。

芝生が広がる会場

先にご紹介した潮風に加えて、RUSHA BALLの会場には一面芝生が広がっています。

ロックフェスといえばみなさん体を動かして踊ったり、走ったり……かつて砂埃が舞い上がって大変なことになりました。

そこで運営の方と会場の方で話し合って芝生が導入されました。

芝生の管理はとても大変なようですが、参加者のみなさんに楽しんでもらいたいとインフラの整備を進めておられます。

そのおかげで砂埃の問題は解消された上、地べたに座ることも多いですがふかふかの芝生の上で気持ちよく過ごせる、普段のライブハウスとは全く異なる体験ができるようになりました。

こんな記事も読まれています