- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

9月の童謡・民謡・わらべうた。楽しい秋の手遊び歌

9月に聴きたい童謡・民謡・わらべうたの中から、スタジオスタッフがおすすめする名曲、人気曲のご紹介です。

秋の夜長にもってこいの、珠玉のプレイリストです。

9月の童謡・民謡・わらべうた。楽しい秋の手遊び歌

げんこつやまのたぬきさん|小森昭宏

げんこつやまのたぬきさん(キロロあやののあそびうた)


かなり意味深な歌詞が描かれていますが、基本的にはじゃんけんをする時の歌として作られたと言うことです。

「げんこつ山のたぬきさん」とは「最初はグー」と同じような意味だとも。

お母さんと小さい子供が歌って遊ぶ歌に近いですね。

里の秋|海沼実

里の秋|海沼実




この歌がはじめてラジオで放送されたのは、終戦の年である1945年12月24日。

そしてそれは、南方で戦っていた兵士を乗せた引き揚げ船の第一便を迎える為に流したNHKがラジオ番組の一回きりの放送だけのために作られたものだったのです。

小さい秋見つけた|中田喜直

小さい秋見つけた


切なく少し悲しげなメロディーに合わせて、訪れた秋のサインを見つけていく童謡です。

紅葉だけではなく、どんぐりやまつぼっくりが落ちていたりスズムシが鳴きだしたりなど、おうちの周りでも探すと沢山見つかるかもしれませんね。

どんぐりころころ|梁田貞

【童謡】どんぐりころころ【歌詞】


どんぐりって、細長いし片方には帽子がついてるし転がり辛いと思いきや、帽子を取った瞬間にびっくりするほどよくコロコロと転がっていくんですよね。

あんな速さであんな変な方向へ曲がってしまうのなら、池に落ちてしまうのも納得です。

まっかなあき|小林秀雄

UA ううあ まっかなあき 真っ赤な秋 童謡


秋はやっぱりモミジのイメージが強いのか、季節のイメージカラーは赤!

って感じがしますよね。

ツタの葉っぱや紅葉はもちろん、夕日に照らされたり冷たい風に煽られた、自分とお友達のほっぺたまでどうやら真っ赤なようです。

やまごやいっけん|童謡

山小屋の中に住んでいるおじいさんが外を眺めていると、かわいいウサギが山から1匹ぴょんぴよんと降りてきて山小屋の方へ向かってきます。

どうやら猟師に追いかけられていて撃たれてしまいそうなようです。

そんなお話の手遊び歌。

のねずみ|外国曲

【手遊び歌】のねずみ


穴の中に住んでいるわけでもないのに、ねずみの巣が穴蔵と呼ばれるのもなんだかおもしろいですよね。

そんな穴蔵にねずみが飛び込んで、ちゅうちゅうと大騒ぎ。

1匹ずつ増えて行って、最終的には5匹のねずみが駆け回ります。

こんな記事も読まれています