人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

9月におすすめのレゲエの名曲

1960年代にジャマイカで始まったとされる音楽ジャンル。

ゆったりと落ち着いたリズムが印象的です。

おだやかでありつつも暑さを感じるそのサウンドは9月という残暑の時期にもぴったりではないでしょうか。

そんな9月に聴きたいレゲエの名曲を紹介します。

9月におすすめのレゲエの名曲

Welcome To JamrockDamian Marley

ジャマイカにおける犯罪と貧困へのメッセージを歌ったトラック。

タイトルの「Jamrock」は、ジャマイカの別称です。

ジャマイカのレゲエ・アーティストであるDamian Marleyによって、2005年にリリースされました。

Ini Kamozeの1984年のトラック「World-A-Music」をサンプリングしています。

One DayMatisyahu

アメリカのレゲエ・アーティストであるMatisyahuによって、2008年にリリースされたトラック。

アメリカや日本などでヒットし、イスラエルのチャートでNo.1を獲得しました。

希望と平和をメッセージとしたトラックで、TVネットワークのNBCの2010年のバンクーバー・オリンピックのキャンペーンなど、多くのメディアで使用されています。

Stir It UpBob Marley

ジャマイカのシンガー・ソングライターであるBob Marleyによって制作され、もともとJohnny Nashによって1972年にリリースされたトラック。

Bob Marley and the Wailersによるバージョンは、1973年にリリースされています。

The Black SorrowsやDiana Kingなど、多くのアーティストによってカバーされているラブソングです。

DingSeeed

Seeedは、1998年から活動するドイツのバンドです。

彼らのサウンドはHip Hopやレゲエ、ダンスホール・ミュージックの要素を融合させたスタイルで知られています。

このトラックは2006年にリリースされ、ドイツのチャートでNo.5を記録しました。

BodySean Paul ft. Migos

グラミー賞やAmerican Music Awardsなどを受賞しているジャマイカのダンスホールのラッパーでシンガーのSean Paulと、アメリカのHip HopトリオのMigosによるコラボレーション。

2017年にリリースされ、イギリスやスコットランドなどでヒットしました。

Wrong WaySublime

堕落した家族によって売春を余儀なくされる、12歳の女の子のストーリーを歌ったトラック。

アメリカのスカ・パンク・バンドであるSublimeによって1997年にリリースされ、アメリカのチャートでNo.3を記録しました。

Richard Cheeseなどによってカバーされています。

King of the DancehallBeenie Man

1979年から活動し”King of Dacnehall”の愛称でも知られているジャマイカのレゲエ&ダンスホール・シンガーのBeenie Manによって、2004年にリリースされたトラック。

アメリカなどでヒットし、イギリスのチャートでNo.14を記録しました。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています