余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【爆笑】余興・出し物でウケる一発ギャグ

入社したばかりの会社の歓迎会で、サークルの飲み会で、年末年始の忘・新年会で……さまざまな場面であなたを襲う悪魔の言葉。

「なんかやってよ」もっと最悪なのは「一発ギャグやってよ」と言われたときです……!

「えー!!!一発ギャグなんて……できない!!!」

そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

でも考えてみてください。

ネタのレパートリーさえあれば、一発ギャグは「瞬間の笑い」なので大掛かりな準備や練習は多く求められませんし、逆に練習したから面白いかと言われたらそうでもありません。

まずあなたが一生懸命にネタを行う姿勢を見せるところを意識し、ネタをリストしておくだけでもOKです。

ポイントは以下の3つ

  • 意外に練習しなくてもできる
  • 意外に短時間で終わる
  • 爆笑を狙わなくても場が和むネタを意識する

一発ギャグを求められたときに、すぐネタを確認できるようにスマホのメモ帳にリストしておきましょう!

有名なネタから紹介していますので、動画も合わせてぜひ参考にしてください。

【爆笑】余興・出し物でウケる一発ギャグ

まずは笑わせることよりも和ませることを意識しましょう!

有名で誰でもわかりやすいネタから紹介します。

中には練習が必要なネタもありますが、難しく考える必要はありません。

できなくてもそれにチャレンジする姿勢がまさに「笑い」なわけです。

ウケだけを狙いにいくと、見ている方も飽き飽きしてしまいますので、場を和ますことを目標にネタをチョイスしていきましょう!

ひょっこりはん

突然現れて、若者の間でとてもはやっているひょっこりはんです。

とくに準備するものなどもなく体一つあればかんたんに披露できます。

もちろん衣装やふりつけにこだわるのはとてもいいと思います。

芸の質もしっかりして、ひょっこりはんを知らない人も楽しんでくれるでしょう!

モノマネメドレー

一発芸を要求される瞬間というのは、おそらく理不尽かつ唐突に訪れるものでしょう。

そんな時、「え〜嫌僕そういうのあんまりできないんですよ、ねぇ◯◯さん?」と、自分の得意なモノマネキャラに話しかけるていで、次々に異なる人物のモノマネを演じていきましょう。

このはじめ方の利点は、ひっぱりすぎてハードルが上がる前にぶっこめるため、スベってもそこまで痛手にならない点です。

そして最後には、◯◯が絶対言わないことシリーズでしめれば完璧です。

小峠の宴会ギャグ

バイきんぐ小峠さんが、忘年会や歓送会などで使える、とっておきの一発ギャグを教えてくれる動画です。

単純におもしろいギャグで、しかもまねしやすいのでオススメです。

宴会だけでなく、ちょっとしたステージでの小ネタにも使えるギャグだと思います。

声が遅れる腹話術

いっこく堂の芸の中でも有名な声が遅れてくる腹話術の解説です。

道具も何も必要ないので練習さえしておけばどんな時にいきなり振られてもできます。

他の腹話術にも応用できる基本的なテクニックなのでぜひ習得してみてください。

原西 ギャグ大全

原西さんのおもしろさがたっぷり詰まっている一発ギャグがいくつも見られます。

原西さんはどうしてこんなにおもしろいんだろうと笑ってしまいますよ。

くだらないと思いながらも楽しくなってきてくすくす言っちゃうような動画になっています。

あたりまえ体操

少し懐かしい感じになりますが、COWCOWのあたりまえ体操はいかがでしょうか?

内容はいたって普通で、あたりまえのことを説明していきます。

当たり前のことがたくさん身の回りに溢れているので新しいネタを付け加えてアレンジしてみてもいいかもしれません。

ズクダンズンブンゲーム

一時期大人気で大勢の子供たちが家でも学校でも真似してたのを思い出しました。

リズムが良くてとっても頭に残りはんにゃの2人、特に金田さんが不思議なキャラクターに扮していて凄くおもしろかったです。

知らない人にも見てもらい盛り上がるギャグだと思いました。

こんな記事も読まれています