- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

クソ耳の僕でもイヤホンSE215SPEをオススメできる理由【1万円台】

私はかれこれSHUREのSE215SPEというイヤホンを4年くらい使い続けています。

クソ耳につき音質については詳しくは語れませんが、だからこそ!オーディオ初心者にすすめられる理由があります。

付属のイヤホンを卒業したい!くらいの人向けに紹介します。

SHURE SE215SPEとは?

SHUREとはアメリカのオーディオメーカーです。

イヤホンやヘッドホン、マイクなどでも有名です。

中でもイヤモニに定評があります。

イヤモニとは?

インイヤーモニター(In Ear Monitor)のことで、ライブ中にアーティストが耳に入れてるイヤホンみたいなあれです。

まあ、イヤホンなんですけど。

耳にくるって巻いてるやつ。
SHURE イヤモニhttps://www.shureasia.com/en/products/in_ear_monitoringより

さまざまな音が鳴り響くライブ会場で、聴きたい演奏音だけを正確に聴き取るためのものです。

つまり……

  • 低音重視とかせずに音源に忠実、とにかく正確で
  • ライブ会場でも聴き取れるくらい遮音性がめちゃくちゃいい

ってこと!

10万とか普通にします。

普通買えませんよねえ……。

1万円台で買える!?

そこでこれです。

ガチのオーディオヲタクの皆様に言わせれば、イヤモニとは呼べないでしょうけど。

最高の入門機としてなら否定するオーヲタはいないと思います。

簡単にレビュー

SE215SPEこんな感じの箱に入ってます。

正直1万円にしては安っぽいです。

隣の虫はお気になさらず。
SE215SPE

こんな感じです。

スケルトンが男心をくすぐります。

でもちょっと青色が子どもっぽいかもしれませんね。

初音ミクカラーとも言われています。
SE215SPE端子はしっかりした作りです。スマホで聴く場合、カバーによっては干渉するかもしれません。

付属品のご紹介

SE215SPE ケース専用ケース。

可もなく不可もなく。

あると便利かなあくらい。
SE215SPE イヤーチップ

イヤーチップは2種類ついています。

左のが一般的なシリコンのタイプ。

中央のは「むにゅっ」としている耳栓みたいなタイプです。

つぶして耳に入れて、耳の中で広がっていきます。

これのおかげで遮音性抜群です。

音質の違いはわからなくても遮音性の違いは私でもわかりますよ。

それぞれ3サイズ付属しています。

ちなみに右のはイヤーチップに付着した耳あかを取り除く道具。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています