DTM@RAG
DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|37,074 view

「歌ってみた」の録音で大切な5つのこと

今回は「歌ってみた」初心者の方のために、大切なことをまとめてみました。

参考になれば幸いでございます。

「歌ってみた」とは?

もう説明不要かもしれませんが 笑

「歌ってみた」元々あるオケに自分の歌声をのせ、動画サイトに投稿することです。

カラオケ音源に歌声をのせる、もともとボーカルトラックのない楽曲に歌をつける、伴奏まで自分で用意する、完全オリジナルソングを用意するなどの多様な形式がある。
http://dic.nicovideo.jp/a/歌ってみた

基本的に音楽ジャンルやカテゴリーはありません。

既存の曲を歌うカラオケに近いカタチですが、出来上がった音源の販売行うわけではなくあくまで、投稿して見てもらい楽しむものです。

すべてを自分でプロデュース

曲は既存の曲をカバーする形ですが、バンドメンバーがいるわけではないので、すべての工程に1人で関わることになります。

音源選び、録音、音源編集(ミックス)、動画作成、アップロード…など1曲を作品として公開するまでに様々な工程があります。

詳しい流れの説明などは、烏賊Pさんのニコニコ道具箱というサイトがすごく参考になります!

歌い手になるには?歌ってみたの作り方、流れを知ろう

ここでははじめの工程の「録音」前に知っておきたいことをいくつか紹介します。

「歌ってみた」の録音で5つの大切なこと

録音作業はあくまで一工程

アップロードまでに様々な工程がありますが、どれも初めは時間がかかってしまったり、不慣れなことを急にやると、気力や集中力が続かせるのも大変なことですね。

あくまで「録音作業は一工程」だと思って、自分が歌いたい!と思う音源選び、自分が得意だ!と思う歌い方、自分がいい!と思う作業楽しみながらできるのが理想です。

自分で録音作業をすることもできますが、近くのレコーディングスタジオなどを借りて行う事も可能です。

このように身近にお願いできる人がいればお願いしましょう。

参考:自宅で録音したデータをプロのエンジニアにミックス依頼するときに気をつけるべきこと

参考:ボカロpになりたい。ボーカロイド初心者の俺がボカロPになる方法

録音機材を自分でチョイス

自分で好きなときに録音したい!自分で録音してみたい!とお考えの方も多いのはないでしょうか。

ただ以前に比べ、マイクやソフトなどの録音機材の種類も豊富になり「どれを選んでいいかで悩む…」こともありますよね。

まずは身近な人が使用しているものや、操作が簡単なもので構いません。

なかなか高くて手の届かない機材は「はじめは眺めているだけ」でも構いません。

なにより機材を長く愛用することがまずは大切なので最終的には自分で録音機材を選ぶようにしましょう。

参考:人気のおすすめモニターヘッドホンの種類と選び方

参考:DTMや宅録におすすめのレコーディングマイクの種類と選び方

参考:宅録・DTMで作曲を始めたい

おすすめの記事あわせて読みたい