- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

歌ってみた動画の作り方。必要な機材など

動画サイトを中心に人気の歌ってみた

このシーンを中心に活躍するアーティストや人気のクリエイターも多数誕生しています。

今回は歌ってみたを投稿するまでに必要となる、ソフトや機材の役割についてわかりやすくご説明します。

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)

http://www.solid-state-logic.co.jp/broadcastsound/daw-control/

http://www.solid-state-logic.co.jp/broadcastsound/daw-control/

DAWとは簡単にいってしまえば「音楽を作るためのソフト」のことです。

このDAWとパソコンがあれば、どなたにでも音楽を作ったり、ボーカルやギターを録音したりできます。

用途に合わせたさまざまな種類があり、スマホアプリの登場でさらなる進化を遂げています。

以下に主要なDAWを紹介します。

無料KRISTAL Audio Engine、
REAPER、
Studio One Free
有料Cubase
、ProTools、
SONAR、
Logic
、Studio One
、Mixcraft Pro Studio

ソフトによって多種多彩のかつ独自の機能を持ち合わせています。

自分の作りたい音楽に合わせて選ぶことが必要です。

また、Windows、MacintoshといったOSの違いや、OSのバージョンの指定がある場合がほとんどなので、購入前にはよく確認をしましょう。

また、歌ってみたのミックスに限ってDAWを用いるのでしたら、後ほど説明するオーディオインターフェースに付属する廉価(れんか)版を使うという選択もありだと思います。

廉価版の付属エフェクトに加えて、無料で公開されているエフェクトを追加していけば歌ってみたのMIXは可能です。

機能に不足を感じたときにあらためて有料DAWへの移行を検討しても遅くありません。

【DTM初心者のための】Cubase(キューベース)で「歌ってみた」を作る方法

オーディオインターフェース

FOCUSRITE iTrack Solo

歌ってみた動画を投稿にはオーディオインターフェースが不可欠です。

もちろんボーカルを録音するだけであれば、パソコンと無料のDAW、マイクがあればできます。

しかし、MIX師と呼ばれる人が歌ってみたMIXを引き受ける際の条件に「オーディオインターフェースを使用した音源」といった募集条件をあげたりしています。

そのオーディオインターフェースの役割としては以下のようなものです。

  1. アナログ音声の入力
  2. アナログ音声の出力
  3. 高サンプリングレート、高ビットレート対応(高音質で録音できる)
  4. ファンタム電源の供給(コンデンサーマイクを使用する場合に必要)
  5. レイテンシー(遅延)の軽減
  6. ノイズの軽減

簡単にいってしまえばオーディオインターフェースとは、より良い音で録音するための機材ということです。

携帯電話やチャットなどの通話マイクと、音楽制作に使う録音マイクは音質が全く違うということです。

なお、初めてオーディオインターフェースを買う場合はバンドルソフトと呼ばれる、無料のDAWソフト(多くが有料DAWの機能制限版)が付属するものをおすすめします。

レコーディングで人気のおすすめDAWアプリとオーディオインターフェイス

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています