人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

60代の青春ソング。胸アツ×胸キュンの人気曲。おすすめの名曲

60代の方の青春ソングは、幅が広いですね。

音楽市場が広がってゆく様子がうかがえます。

この年代の青春時代といえばちょうどCDが誕生した時代。

レコードからCDへ移行していったという話をうかがいました。

若者からすればレコードはビンテージ、アンティークのようなもので、その頃に生まれたかったという人もいるそうです。

60代の青春ソング。胸アツ×胸キュンの人気曲。おすすめの名曲

君は薔薇より美しい布施明

布施明の代表曲の一つともいえるこの曲は、カネボウ化粧品のキャンペーンソングとして1979年にリリースされました。

そのCMに出演していたオリビア・ハッセーと結婚し、後に離婚をしました。

及川光博や、星野源がライブでカバーしたことから、楽曲の良さが再び話題となりました。

学生街の喫茶店ガロ

発売から6年たった1973年にヒットした遅咲きの曲。

社会派シンガーのボブ・デュランが歌詞の中に出てくる事で有名です。

しかし当時はまだボブ・デュランは有名ではなかったようで誰?という人が多かったようですね。

アコースティックギターにコーラスハーモニーをのせて聴かせるグループとして印象的でした。

潮来笠橋幸夫

「潮来笠」は、1960年に発売された橋幸夫のデビュー曲です。

累計で120万枚を売り上げたそうなので、多くの60代にとっては親しみのある曲だと思います。

民謡のような雰囲気もあり、旅をモチーフにしたこの曲は日本人にとって親しみやすく、憧れ、愛着が持てる曲だったのかもしれません。

昭和を代表する名曲です。

もしもピアノが弾けたなら西田敏行

西田敏行が主演をつとめたテレビドラマ「池中玄太80キロ」の主題歌です。

最初は挿入歌としてB面で発売されていましたが、視聴者からの多大な反響により主題歌に変更されたいきさつがあります。

演技に負けない素晴らしい表現力で、やさしく包み込んでくれる一曲です。

てんとう虫のサンバチェリッシュ

夫婦デュオのチェリッシュ。

この曲で紅白歌合戦初出場をしました。

清純なメロディーが人気となり結婚式の定番局となりました。

歌詞に合わせて新郎新婦にキスをさせる余興がはやりましたね!

後にアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の挿入歌としてカバーされています。

胸をキュンとさせてたい時は、今も昔も変わらずこんな清純なメロディーがいいのかもしれませんね。

恋の季節ピンキーとキラーズ

1968年発売、ピンキーとキラーズのデビューシングル、「恋の季節」です。

累計売上は270万枚を記録した、大ヒット曲です。

外国の影響を受けて、もっとおしゃれに、都会に憧れる若者の雰囲気を表したようなこの曲が大ヒットしたのも、時代背景を感じさせてくれますね。

女性と男性のグループというのも、当時は新鮮だったようです。

ふれあい中村雅俊

中村雅俊主演の日本テレビ系ドラマ「われら青春!」の中で彼が弾き語りした曲です。

ドラマを覚えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

せつない言葉がつづられた詞が印象的で、甘いマスクと優しい歌声で歌う彼に女性の視聴者は敏感に反応し問い合わせが殺到した曲です。

ドラマ放映翌日にリリースされ瞬く間にオリコン1位を獲得したミリオンセラー曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています