スネアドラムのチューニング方法が良く分かる

createドラマー

スネアのチューニングに正解はありません。

あなたにとって「かっこいい」音が鳴っていればそれが「正解」です。

自由度が高すぎる分、大変難しく感じますが、いろいろ試してみるとチューニングの楽しさ、奥深さに気がつくと思います。

今回は「かっこいい」音にするための手順を、ポイントをしぼって解説していきます。

スネアのチューニングをかっこいい音にして、ほかのドラマーに差を付けましょう!

チューニングの重要性

なぜチューニングが大切なのか?

先ほどは「チューニングに正解はない」といいました。

音が出ていればそれで良いんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが、ドラムもチューニングによって全く別の表情が出ます。

同じスネアを使っていたとしてもチューニングを変えるだけで驚くほど音が変わります。

音のイメージをしっかりと持とう!

ここで大切になってくるのが、自分がどんな音にしたいかのイメージを持つもことです。

今、自分がやっている音楽にはどんな音が合うだろう?

自分の好きなアーティストはどんな音を鳴らしているだろう?

そんな事を考えながらチューニングをしてみてください。

音のイメージが整ったら、さぁチューニングを始めましょう!

スネアドラムの立ち位置

バスドラム、スネア、ハイハットがドラムのビートを作る上で重要な3点です。

この3点は曲中に叩く頻度が圧倒的に多く、逆にこの3点があれば十分という人もいるほどです。

バスドラムやハイハットはライブハウスに置いてあるものを使って、スネアは自分の物を持ち込むという人も多いのではないでしょうか?

それだけスネアはとても重要な役割をはたします。

路上ライブなどでもスネアだけでライブをしている人をよく見かけますよね?

しかしバスドラムだけでライブをしている人は見たことがありません。

スネアはとても表現力の高い楽器なのです。

スナッピーのオンオフだけでタムのような音もだせます。

楽曲の中ではスネアの音色はとても重要な役割を果たしています。

その証拠に、同じ曲をスネアのチューニングを変えて録音してみてください。

スネアの音ひとつで曲のイメージがずいぶん変わることがわかると思います。

data-ad-format="fixed-height">