- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

気持ちいい音を出すために!スネアドラムのセッティングのポイントは?

スネアはやはり曲中でもダントツでたくさん叩く楽器なのでセッティングがしっくりこないと演奏中ずっと憂鬱(ゆううつ)になります。

さらにライブハウスでは表からだけでなく、裏側にもマイクを設置するので、一度決めるとなかなか変えにくい……。

そのような悲劇を避けるために、スムーズにスネアのセッティングを決められるようになるポイントをご紹介します。

セッティングについてのおさらいを

本題に入る前にすこし概論的なことを。

これまでもセッティングのことについていろいろ書いてきましたがセッティングは大事なことがたくさんあるので、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ……」となってしまうかもしれません。

しかし、一度に新しいことをたくさんやるのは難しいです。

なので順序立てて考えていきましょう。

私が以前に書いたように、まずセッティングで一番注意するべきは「イスの高さ」です。

これがあまり意識せずにできるようになってきたら、次は、ペダルやスネアのセッティング……というふうに移っていくといいと思います。

無意識的にできる行動を増やしていくと、新しいことができるようになっていくと思います。

この辺の考え方について興味のある方はこちらの本もどうぞ(全く音楽の話は書いていませんが)。

スネアのセッティングが安定しないという悩みについて

スネアドラム

そして本題に戻ります。

スネアドラムのセッティングが大切なことは、おそらくドラマーなら誰しもが知っていることだと思いますが、なかなかうまくいったりいかなかったりするのが難しいということもこれまた事実。

ではそれはなぜか?と考えてみると、ドラムセットの中に組み込まなければならないために、自分がここに置きたいな、と思ってもほかの楽器に当たってしまうのですね。

特にツインペダルを使っている場合や、ハイタムとの位置関係など、気を配ることはいろいろですね。

では具体的に各項目に分けていきましょう。

スネアスタンドの足の開き具合について

前回も少し触れましたが、足を開けば開くほどスネアは安定します。

ここで気をつけたいのが、自分が心地よい足の開き具合を知っておくことです。

状況によってツインペダルを使ったり使わなかったりという人は、ツインペダルを使っているときの方が確実にセッティングに制約が出てきますので、そちらを基準にしておくといいかと思います。

しかしツインペダルを使っているときはスタンドの足は大きく開けないので、スネアの安定性という問題がでてきます。

それは次の項目で触れていきます。

こんな記事も読まれています