人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

漫才マイクの定番「サンパチマイク」実は超高性能コンデンサーマイクだった

皆さんテレビ番組などで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

今回はその「漫才マイク」の隠された魅力について説明したいと思います。

漫才で使われるあのマイクって?

漫才

http://www.irasutoya.com

漫才の際に必ずと言って良い程、ステージのど真ん中に立っているマイクは、SONYのコンデンサーマイクロホンC-38Bと言うマイクです。

古くからある劇場やホールなどでは必ずと言ってよい程に、ステージセンターの床下に設置してあり、演者の登場と共にマイクが自動で飛び出すように仕掛けてあったり、天井の吊りマイクで設置してあったりします。

ちなみにマイクスタンドは別売り品で、通常ストレートの高砂マイクスタンドと呼ばれるタイプがよくセットで使用されます。

国産初!50年間愛されてきたマイク「SONY C-38B」

C-38B

http://www.sony.jp/pro-audio/products/C-38B/image.html

「C-38B」は、SONYとNHK放送技術研究所によって1950年代に開発された国産初の真空管コンデンサーマイク「C-37A」の後継機種として、誕生しました。

発売から約50年経つ今でも変わらないビジュアル、マイクケーブルは内部に直接結線されているなどの、構造や特性はそのままで「サンパチ」の愛称で親しまれる現行品です。

今では漫才マイク、お笑いマイクとしてはおなじみのマイクになりました。

なぜ漫才で使われているかと言うと、固定マイクで単純にステージ上での音の収音の範囲が広いからです。

通常、歌うときによく使われるハンドマイクだと、片手が塞がれてしまったり体が動くと収音しにくくなり、かといってピンマイクだと舞台裏などでの装着の手間が発生します。

会場があたたまっているうちに、次々と飛び出し話談をする漫才師にとっては大変重宝されるアイテムなのです。

漫才だけではない!実は他にも使える超高性能!

実は、様々な収音に使えるマイクなのです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています