人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

コンサートやライブの音響スタッフ・PAエンジニアになる方法

コンサートやライブで、音を扱う音響スタッフのお仕事。

主な活躍場所は、フェスなどの大きい会場だけではなくライブハウスや身近にあるホールなどさまざまです。

今回はその「音響スタッフになるためには?」というテーマでお話したいと思います。

PAとは?

PAエンジニア1
音響スタッフは「PAさん」「PAスタッフ」と呼ばれることも多くなっています。

PAとは PA=Public Addressの略で、直訳すると公衆伝達や大衆拡声という意味です。

つまりPAエンジニア・PAスタッフは音響機器を用いて公衆伝達をおこなう技術者です。

ものすごく簡単に言うと、その空間にいるすべての人に音を届けることが仕事なのです。

仕事内容

PAエンジニア・PAスタッフは先にも書いた通り、その空間にいる全ての人に音を届けるお仕事です。

一言にPAと言ってもコンサートや演劇などの華々しい仕事だけでなく、式典や婚礼などのかしこまった場や選挙カーや展示会場の音響設備の施工、企業や地域の催し物など、音を拡声するほとんどの場所でお仕事があります。

主な仕事は、

  • 機材の搬入出
  • セッティング
  • 機器の操作
  • メンテナンス など……

基本的にイベント現場に入ってしまうと決まった定時はありません。

イベントのスケジュールに沿って仕事をこなすので、9時〜17時の時もあれば早朝からであったり、深夜仕込みの仕事もあり、生活リズムが不規則になることも珍しくありません。

音響だけではない現場も多々あり、舞台・照明・映像など、さまざまなセクションの方と一緒にひとつのイベントを作り上げていきます

そのような仕事の場では、音響セクション中心のスケジュールで動くのではなく、ほかのセクションの方との連携も大切です。

「仕事の時間帯や、ほかのセクションとの関係など大変……かな?」と思うかもしれませんが、イベントの大小関係なく本番を無事にむかえ、笑顔になってくれるお客様の顔を見れた時や、出演者に方に笑顔でお礼を言っていただけた時の喜びは何物にも代えられません

最後におこなうバラシ作業の時に、寂しく感じることもあるほどです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています