スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

「曲の進行を間違えてしまった!」ドラマーが教えるステージ上のハプニング解決法!

ドラマーはステージ上のさまざまなハプニングも把握して、その状況を「いかに被害を減らして、お客さん側に分からないようにするか」結構、重要なポジションだったりします。

シチュエーション別に、自らの経験から、ステージで起こった「大事件」の回避法を提案していきたいと思います!

恐怖!ボーカルさんがうっかり違う展開で歌ってしまった!

ドラマー

http://o-dan.net/ja/

ボーカルさんが、2回繰り返す所を1回にしちゃったり、違う展開を歌い始めちゃった場合ですね。

これらハプニングに関しては、事前に話し合っておくのが良いと思います。

バンドの曲調によってもケースバイケース。

しかも違う展開で歌い始めちゃった時は、少し頭を使うしかないです(後で書きます!)

ちなみに私は、歌が繰り返しを忘れちゃった場合は、2小節経過しても気づかなかったら、極力にボーカルに合わせちゃってます。

で、その空気を感じ取った「弦楽器部隊」が知らない顔で合わせてくれています。

しかし、2小節以内でボーカルが気づいて戻ってきてくれたら、そのまま知らない顔で通常通りに進めていってます。

もちろん、当日のテンションの関係で「うっかり間違えちゃった」って例も多いのですが、比較的スタジオでの練習時にも同じ場面に遭遇する事も。

そのため、もしもスタジオで2回位同じ場所で間違えてしまったら「もしも、ライブでも1回になっちゃったらどうするか」っていうのを話し合って、対策案を決めておくと、意外にあわてずにすみます。

しかもボーカルさんもちゃんと気にしてくれます!

ちなみに、歌が違う展開に行ってしまった時は?

ライブ

今まで経験した中で、早めにエンディングに向かっちゃった場合が多いです。

これも「どの展開部分に行ったか」によって対策案が変わっていきます(笑)。

エンディングに向かっちゃった場合は、もうその流れに乗って「曲終了ー!」にするのが一番被害が少ないですが……

エンディングじゃない、真ん中に戻っちゃったとかになった場合は

「大惨事」の予感が訪れてきます。

ひゃーーーーーー。

……なんとか回避したい……

曲が止まってしまう事を!

個人的にどおおおしても、曲が途中で止まってしまう事と

その後に来る客席から聞こえる「ヒューーーーッ!」って歓声みたいのが苦手で、ホントそれだけは避けたい。

パート全員がごっちゃりと迷走してしまった時は、もう……ドラムが立て直すしかない!

とにかく、この時は「テレパシーは存在する!」と信じて、アイコンタクトを試みるのみ。

みんなで同じフレーズを弾き続けちゃったりしてると、おのずとメンバーの視線はドラムに。

よし……よし!!!行くぞ!!!

ここで、エンディングへ向かう合図のロールや目立つフィルインをかまします。

きっと、ここでみんなの気持ちが一つになって、無事、終曲。

そして、ここからが大事。

そこから絶対に気持ちは切り替えて、次の曲に向かってくださいね!

ライブ中のハプニングを引きずると、それ以降の曲におのずと影響が出てきますから、もうミスった人も、そのライブ中は忘れてください

……ライブが終わってから、「あの部分ってさーー」と分析すればいいんです。

一度間違うと、その夜は落ち込むかもですが、次から間違えないように対策すればオッケーですよ!

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています