人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

楽器の女王、フルートの魅力とは?多彩な音色に魅せられて

「フルート」というと誰でも一度は名前を聞いたことがある楽器だと思います。

小・中学校の音楽の教科書にも登場しますし、ピアノやヴァイオリンに次いで演奏している人が多い楽器です。

私もフルートという楽器を実際に演奏するようになるまでは、どんな「音」なのか、どんな見た目なのか、といったことをあまり知りませんでした。

「銀色で高い音がする」という漠然なイメージしかなかったのです。

今回はフルートの魅力や楽器についてご紹介いたします。

フルートってどんな楽器?

フルートってどんな楽器?

フルートは息を吹き込んで音を出す管楽器で、一般的に金属製が多いにもかかわらず木管楽器に位置付けられている楽器です。

どうして金属でできている楽器なのに木管楽器なのか…不思議に思われる方がいるかもしれません。

実際、私も金属で作られている楽器は金管楽器、木から作られているのが木管楽器、という認識しか持っていませんでした。

しかし、フルートの歴史を知ると「なるほど」と納得せずにはいられない理由がありました。

フルートの歴史は管楽器の中で最も古く、4万年前に動物の骨を使って作られたものが発見されています。

もともと息を吹き込む穴と音程を作るための2〜3個の穴があるだけのシンプルな構造の楽器だったフルートは、次第に材質を木に変え指で操作する穴も増えていきました。

そこから長い年月をかけて徐々に改良され、キーが出現し半音階の演奏を容易にするためのメカニズムが生まれ、大きな音量を得るために金属で作られるようになったのです。

フルートが一般的に金属で作られるようになったのは1850年頃だと言われています。

フルートが木管楽器といわれる所以(ゆえん)は「以前木から作られていた」からである、ということはお分かりいただけたと思いますが、フルート奏者の私からいわせてもらえば、フルートは金管楽器・木管楽器という他の管楽器群と大きな違いがあり、音の出るメカニズムが独特です。

それは、フルートには音を発生するための物が「何もない」というところです。

金管楽器であれば金属でできたマウスピースといわれる音を出すためのものがあり、木管楽器であればリードと呼ばれる木でできたものがあります。

金管楽器、木管楽器ともにそれらを用いて空気を振動させて音にします。

フルートの場合、息を吹き込むところにあるのは「ただの穴」だけです。

その穴のエッジに息をぶつけて空気の渦を発生させて空気を振動させているというものです。

よく風の強い日に電線が音をたてて鳴っているのも基本的な原理は同じようです。

音色は明るく透明感があり、運指の容易さから速いメロディーを演奏することも得意でオーケストラではメロディーを受け持つことが多いです。

音域は高く、曲の中で鳥などに例えられることもあります。

フルートはどんな楽器とも馴染みやすい音色でクラシックのみならず、ジャズ・ボサノバ・ラテン・ロックなどにも使われています。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています