バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
トロンボーンをはじめたい!種類と特徴。購入前に知っておきたい基礎知識

トロンボーンをはじめたい!種類と特徴。購入前に知っておきたい基礎知識

クラシックだけでなくポップス、ジャズ、ロック、ラテン、スカ など幅広いジャンルで活躍するトロンボーン。

これから何か管楽器を始めてみたいという方にはぜひオススメです。

「どうやって選べばいいの?」

「どれぐらいの価格なの?」

今回はトロンボーンの種類とその特徴、そして気になる価格帯までご紹介しますので、ぜひ楽器購入の際の参考にしてみてください。

トロンボーンの種類

トロンボーンの種類

http://www.photo-ac.com/

トロンボーンには高音域のピッコロ、ソプラノ~低音域のバス、コントラバスまで、大小さまざまな種類のものがあります。

  • ピッコロトロンボーン
  • ソプラノトロンボーン
  • アルトトロンボーン
  • テナートロンボーン
  • テナーバストロンボーン
  • バストロンボーン
  • コントラバストロンボーン

この中でも一般的に使われるのはテナー、テナーバス、バスの3種類です。

「一般的」というとアルトトロンボーンも含むことが多いのですが、この楽器は主にオーケストラなどでテナー(テナーバス)トロンボーン奏者が持ち替えて使う楽器なので、今回は割愛させていただきます。

テナートロンボーン

テナートロンボーン

最もスタンダードなタイプと言えばこの「テナー」です。

細管と呼ばれる管の細いものが多く、その形状のシンプルさとあいまってレスポンスにも優れています。

吹き方によって柔らかい音からバリっと心地よく割れた音まで出すことができ、ホーンセクションやジャズなど、クラシック以外の音楽でもちいられることの多い楽器です。

テナーバストロンボーン

テナーバストロンボーン

「テナーバス」は後ろにぐるりと迂回管(うかいかん)が付き、左手の手元にあるレバーを押すことで息の流れる道が切り替わります。

これによって管が長くなり、音域が下に広がったり、遠くまで手を伸ばさなければ出なかった音が手前のポジションでも演奏可能になります。

管の太さは太管または中細管(太管と細管の中間)で、息の消費量は増えますが、その分細管よりも太く豊かな音が出ます。

クラシックや吹奏楽といった音楽ではこちらが一般的です。

バストロンボーン

バストロンボーン

迂回管(うかいかん)が2本になり、さらに低い音が出せるようになったのがこのバストロンボーンです。

テナー(テナーバス)奏者が持ち替えて演奏することもありますが、テナーとの演奏上の役割の違いや、比較的大きなサイズのマウスピースを使うことから専門の「バストロンボーン奏者」によって演奏されます。

オーケストラの3番トロンボーン、ビッグバンドの4番トロンボーンなど「複数のトロンボーンによるセクション」で最も低いパートはバストロンボーンが担当します。

管の太さ

テナーは細管、テナーバスは太管(中細管)と書きましたが、太管のテナーや細管のテナーバス(※)、さらにはスライドの上下でサイズの異なるデュアルボアというタイプもあります。

※細管テナーバス:あまり見かけない珍しいタイプです。これはアタッチメント付きのテナーと呼ぶこともありますが、呼び方が違うだけで同じものです。

ベルによる音色の違い

管が朝顔のように大きく広がった「音の出口」をベル(朝顔)といいます。

この部分は銅と亜鉛の合金である真鍮(しんちゅう)でできていて、銅・亜鉛それぞれの比率によって音色にも違いが出てきます。

今回は代表的な2つをご紹介します。

こんな記事も読まれています