スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【ボイパ入門】ボイスパーカッションのやり方とコツ

皆さん「ボイスパーカッション」をご存じですか?

ボイスパーカッションとは文字通り「ボイス(声)」で「パーカッション(打楽器)」を表現した演奏のことを指します。

今回はそんなボイスパーカッションのやり方と、オススメの練習曲を紹介させていただきたいと思います。

ボイスパーカッションには2種類ある

ボイスパーカッションの演奏方法は大きく分けて2種類あります。

1つは唇や舌を使って無声音で奏でる「マウスドラム(無声パーカッション)」と呼ばれる奏法です。

そしてもう1つは声を使って奏でる「ボイスドラム(有声パーカッション)」と呼ばれる奏法です。

マウスドラムでの演奏

Where in the World is Carmen Sandiego

ボイスドラムでの演奏

RAG FAIR – ダンス天国

ちなみに私の感覚では、マウスドラムを用いて演奏するボイスパーカッション奏者の方が圧倒的に多いように感じます。

ボイスドラムのやり方

今日は触りと言うことで基本の8ビートを演奏する上で必要不可欠な「バスドラム」「スネアドラム」「ハイハット」の演奏のやり方を簡単に解説したいと思います。

バスドラム

低い声で「どぅ」とか「どぅん」と言うことでバスドラムの音を表現します。

このとき、音をしっかりと鼻や胸に響かせるように意識すると深みのある良いバスドラムの音がなります。

胸や鼻に響かせるのはボイストレーニングでおなじみの基本の発生と同じです。

スネアドラム

「とうふ」と素早く言うことで表現します。

「とうふ」の文字の間隔が詰まり「とぅふ」になるまで素早く「とうふ」と言う練習をしてみてください。

このとき、少し口をすぼめて上げるようにするとより奇麗な音がなりやすいです。

ハイハット

舌打ちをしてみてください。

「チェッ」と言う音が鳴るかと思います。

今度はその「チェッ」が「チッ」に聴こえるように母音(eの音)を発音しないようにしてみてください。

今回は説明上の都合で「チ」を使いましたが、「ツッ」とか「スッ」と発音している奏者も多いです。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています