人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【スター・ウォーズ】歴代の人気曲。おすすめの名曲

1977年にはじめて公開されてから次々と続編が公開され、いまなお人気がおとろえない映画、STAR WARS。

映画ファンの間でも非常に人気がある名作ですが、ストーリーはもちろん、音楽もすばらしいのです!

この記事では、そんなSTAR WARSのストーリーを彩る名曲の数々を紹介していきますね!

みなさん一度は耳にしたことがあるあの曲をはじめ、隠れた名曲までたっぷり紹介します。

【スター・ウォーズ】歴代の人気曲。おすすめの名曲

スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望

スター・ウォーズのテーマJohn Williams

映画「スター・ウォーズ」の曲と言えばこれ!

タイトルそのまま「スター・ウォーズのテーマ」です。

これが流れると「ああ、スター・ウォーズが始まったな」と思っちゃいますよね。

壮大でテンションが上がる曲調です。

吹奏楽で演奏される曲としても非常に高い人気を誇ります。

映画を見たことがない人でも知っている、世界中で愛され続けている名曲といえます。

スター・ウォーズ エピソード5 / 帝国の逆襲

帝国のマーチJohn Williams

ジョン・ウィリアムズ作曲の別名インペリアル・マーチ。

映画で登場するダース・ベイダーが歩くシーンがすぐイメージできますね!

スター・ウォーズで一気に有名になったこの曲は、バラエティ番組や入場曲やカバーなど、さまざまなシーンで活用されることになります。

自然発生的に適当な歌詞がはやるなどでも話題を呼びました。

スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望

王座の間/エンド・タイトルJohn Williams

スター・ウォーズの中で上位の人気を持つメドレー風な楽曲です。

1作目のエンディングで、レイア姫が勲章を授けるシーンで流れるのがこの曲。

戦いが終わったという達成感や開放感が表現されていますね。

さまざまな楽団や音楽家によって演奏されている音源が存在します。

それらを聴き比べてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

スター・ウォーズ エピソード1 / ファントム・メナス

運命の闘いJohn Williams

2005年公開の映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の「運命の闘い」です。

パルパティーン救出に向かった旗艦インビジブル・ハンドで、アナキン・スカイウォーカーがドゥークー伯爵と戦うシーンで使用されています。

重厚かつ荘厳なゴスペルコーラスとからみあいながら、フルオーケストラが戦いの様子を表現しています。

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

英雄たちの戦いJohn Williams

2005年公開の映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の「英雄たちの戦い」です。

スリリングさだけでなく、運命の重さを感じさせます。

師弟関係であったオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが剣を交えるシーンで、途中ダースベイダーテーマが挿入されるなど、アナキンがだんだんフォースの暗黒面に飲み込まれていくのがわかります。

スター・ウォーズ / フォースの覚醒

レイのテーマJohn Williams

2015年公開の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の「レイのテーマ」です。

スターウォーズ新章エピソード7の主人公となる女ジェダイレイ。

物語のはじまりを予感させるような、派手さはないものの聴くと、ドキドキ、そわそわするような楽曲です。

ストーリーとしては旧3部作のエピソード6の後日談となる話で、レイアやハン・ソロも登場しています。

スター・ウォーズ エピソード2 / クローンの攻撃

アクロス・ザ・スターズJohn Williams

2002年公開の映画「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」の「アクロス・ザ・スターズ」のテーマです。

邦題は「クローンの攻撃 愛のテーマ」です。

アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの禁じられた愛と運命を連想させる、悲しく壮大な交響曲です。

ファンの間では賛否のわかれる作品ですが、テーマソングは名曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています