- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【DTM初心者のための】Cubase(キューベース)の使い方・基礎知識編

プロ・アマチュア問わず、世界中のミュージシャンやエンジニアに広く愛用されているDTMソフト「Cubase(キューベース)」

今回はこのCubaseを使用してこれから音楽制作をしたいとお考えの方に、まず知っておいてほしい基礎知識をまとめてみました。

始めたばかりの方や、これから購入をご検討しておられる方にとって参考になれば幸いです。

インストール・ライセンス管理方法について

こういったソフトを手に入れてから、はじめに戸惑うのはインストールの作業だと思います。

アクティベーション、ライセンス、最初は戸惑うことばかりです。

アクティベーション(英: activation、プロダクトアクティベーションとも)は、一部のソフトウェアをインストールした後、正規のライセンスを保持していることを確認するために行われる認証処理で、非合法に入手したソフトウェアやライセンス契約に反する使用(Warezやカジュアルコピー、2台以上のPCにインストールなど)を防止するために導入された。

アクティベーション – Wikipedia

あせらずじっくりと、よく確認してから実行しましょう。

Cubaseは、eLicenser Control Center というソフトとUSB-eLicenserというハードウェアで管理されます。

USB-eLicenserというのは小さなUSBメモリのようなもので、この中にライセンスを保存します。

このUSB-eLicenserがないとCubaseが起動できませんので注意が必要です。

基本的には初めて購入した際に付属していると思います。

アクティベーションの方法は公式サイトに記載されています。

また動画サイトなどでも紹介されていますので参考にしてみてください。

Cubase AI8 ダウンロード&インストール&アクティベート方法・手順

「Cubaseの使い方」オーディオインターフェイスの設定/初心者講座 ①(Sleepfreaks DTMスクール)

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています