- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【DTM初心者のための】Cubase(キューベース)の使い方・基礎知識編

プロ・アマチュア問わず、世界中のミュージシャンやエンジニアに広く愛用されているDTMソフト「Cubase(キューベース)」

今回はこのCubaseを使用してこれから音楽制作をしたいとお考えの方に、まず知っておいてほしい基礎知識をまとめてみました。

始めたばかりの方や、これから購入をご検討しておられる方にとって参考になれば幸いです。

音が出ない!そんな時は?

無事にアクティベーションが終わって、Cubaseが使えるようになったのに音がでない。

ここで悩まれる方も多いと思います。

実際に私が最初そうでした。

一番聞くトラブルとして「音が出ない」というものがあります。

原因としてはCubase側の設定がうまくできていないといったことが考えられます。

解決策をいくつか紹介しておきます。

まずは以下のような設定を確認しましょう。

  • 上メニューからデバイス → デバイス設定 → VSTオーディオシステム → オーディオ機器ここでご自分の使用しているインターフェースなどを選択します。
  • F4を押してVSTコネクションを表示させ、出力タブのオーディオデバイスが未接続になっていないか確認。
  • インターフェースの再インストール及び、音量が0になっていないか確認。

音がでない場合は上記の方法を試してみてください。

最後に

今回はCubaseの基礎知識について紹介いたしました。

DAWはたくさんの種類が販売されていますし、DAWによって機能に大きな違いがあります。

最初は、

「好きなアーティストが使ってるから」

「見た目がカッコいいから」

そんな理由で選んでも良いかもしれません。

私がどのDAWが良いか、と聞かれたら「Cubaseが一番使いやすい」そうお答えしています。

これを読んで、Cubaseに興味を持っていただけたらと思います。

著者プロフィール

ほんやさん

ニコニコ動画に最初は歌ってみたを投稿していました。

次第にDTM、歌ってみたMIXの魅力にハマり、今では多くの動画投稿者さんのお手伝をしています。

初心者向けの講座の作成や機材の相談を受け付けております。

ウェブサイト:http://honya0816.blog.fc2.com

Twitter:gimeimana

著者の記事一覧

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています