人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【バンド初心者のための】音楽スタジオで音がでないときのチェックリスト

みなさんは音楽(リハーサル)スタジオを利用するときに音が出なかった経験はありませんか?

慣れない機材で使い方が分からなかったり、何かのトラブルで鳴らなかったり……。

スタジオのスタッフに聞くのがベストですが、その前にご自身で解決できるよう、チェックリストを用意してみました。

音が出ない!そんな時にまず確認したいこと

電源

機材の電源が入っているかを確認しましょう。

ミキサーのランプが一切点灯していなければ電源を疑うべきです。

マイクやキーボードの電源がついているかも確認しましょう。

キーボードについてはキーボード側の音量が上がっているかも確認してください。

ケーブル

次にケーブルがつながっているか確認しましょう。

意外とキーボードはつながっていないことが多いです。

基本編、よくある原因

フェーダー

音がでない原因で最も多いのがフェーダーの上げ忘れです。

フェーダー

この四角くて白色のツマミがフェーダーです。

使いたいマイクやキーボードがどれに対応しているかわからない場合は、すべてのフェーダーを上げすぎない程度に上げていればOKです。

あまり上げすぎるとハウリングを起こしてしまうので注意しましょう。

フェーダーは一気に上げず、徐々に上げていくことをオススメします。

ONスイッチ

フェーダーに次いで多いのがONスイッチの押し忘れです。

ONスイッチがなかったり、ONスイッチの代わりにMuteスイッチがある場合もあります。

ミキサーのミュートスイッチ

画像で押し込まれているのがONスイッチです。

押し込むと点灯します。

点灯された状態でないと、フェーダーを上げても音は鳴りません。

逆に、Muteスイッチの場合は押し込まれていないことを確認してください。

マスターフェーダー

音量を操作するツマミは、まだあります。

それがこの赤いフェーダーで、マスターフェーダーと呼ばれます。

赤いものがみあたらなければ右側にある「ステレオ」や「メイン」と書かれたフェーダーを探してください。

「もうややこしいねん!」という方にはこちらの記事がオススメです。

マスターフェーダー

マスターフェーダーはスピーカーに出す音量を調整します。

上がってなければ上げましょう。

ただしマスターフェーダーもフェーダー同様、上げすぎるとハウリングを起こすので注意が必要です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています