- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【DTM初心者のための】Studio One(スタジオワン)の使い方。レコーディング編

今回は、Studio Oneでの基本的なレコーディング方法について説明していきます。

前回:【DTM初心者のための】Studio One(スタジオワン)の使い方。ミックス編

まずはオーディオIFの設定

設定に入る前にまず簡単にオーディオインターフェースの説明から入りましょう。

オーディオインタフェースとはマイクやギター、キーボードなどの音をデジタル変換してパソコンに入力するための、音の入口と思っていただければ間違いありません。

「インタフェース」の部分を略して「オーディオIF」と呼ばれることもあり、記事中ではそう表記します。

音質にこだわらなければパソコンに付属しているマイクやマイクインにつないで録音してよいのですが、せっかくDAWソフトを使って音楽を作るのであれば、しっかりしたオーディオIFを用意し、より良い状態で音を録音したいものです。

価格もお手ごろで1万円〜2万円程度からでも、そこそこの機材が手に入れられますので、試してみてはいかがでしょうか。

それでは、オーディオIFをパソコンに接続した状態を前提に説明を進めたいと思います。

オプションメニュー

画像のようにメニューを選択すると、オーディオIFの設定ができます。

オーディオインターフェイスの設定

オーディオデバイスを選択する画面が出ます。

パソコンにオーディオIFが接続されていれば、このように接続した機器が選択できると思います。

選択できない場合は、ドライバがインストールされているかどうかを確認し、接続し直してみてください。

レコーディング用のトラック作成

さて、前回までに制作した楽曲の上に、楽器の音を重ねて録音してみたいと思います。

まずは、レコーディング用のトラックを作成しましょう。

レコーディング用トラックの作成

トラックの空いている部分を右クリックすると、新しいトラックを追加できます。

「オーディオトラック」というものを追加してください。

「モノ」と「ステレオ」がありますが、録音環境に合わせて用意してください。

基本的には「モノ」でいいと思いますが、ステレオマイクやマイクを2本使ってステレオ録音する場合は「ステレオ」トラックを選択します。

「オーディオトラック」の選択

さらに、トラックのサイズを「標準」以上に設定すると、入力デバイスを選択するボタンが表示されます。

入力デバイスを選択

このように、デバイスが選択できます。

私が使っているオーディオIFは入力端子が2つあるため、どちらから入力するのか選択できます。

マイクや楽器を接続した方を選択しておいてください。

こんな記事も読まれています