人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【泣ける曲】涙が止まらないほど泣ける歌

失恋や人生での挫折など、うまくいかないことがあって落ちこんでいるとき、泣いてスッキリしたいと思うことってありませんか?

一方で、家族や恋人、友だちとの絆に感動して泣いてしまうこともありますよね。

世の中には、失恋や挫折、絆などをテーマにした「泣ける曲」と呼ばれている曲がありますが、それらの共通点ってご存じですか?

  • 自分のことを歌ってくれているように感じる
  • 落ち込んだ気持ちやうれしい気持ちに、そっと寄り添ってくれる

そんなメッセージが込められている曲を聴くと、私たちは涙してしまうのだと思います。

思い返してみると、あなたが好きな泣ける曲も上の共通点を持っていませんか?

この記事では、世の中の泣ける曲の中から、編集部で厳選した20曲を紹介しますね。

定番の涙ソングから隠れた名曲まで、あなたの心に寄り添う曲を選びました。

もくじ

【泣ける曲】涙が止まらないほど泣ける歌

新旧織り交ぜた定番の泣ける歌

定番曲ばかりできっと聴いたことがある曲が多いと思います。

J-POPシーンの名曲から近年リリースされた新定番の曲まで、新旧織り交ぜてピックアップしています。

あなたの抱える気持ちにピッタリな曲が見つかるはずです。

サザンカSEKAI NO OWARI

ミディアムテンポのバラードで、夢を追いかける人、それを見守ってきた人、それぞれの立場を経験したことがある人たちすべての心に響くであろう応援ソングです。

頑張っている最中の人ほど心にグッと響く歌詞だと思います。

ひまわりの約束秦基博

映画「STAND BY MY ドラえもん」の主題歌として話題を呼んだこの曲は、映画のストーリーともリンクしている感動の名曲です。

友情を歌っており、ドラえもんと伸びたのことを考えて聴くと、歌詞の世界に入り込みやすいでしょう。

優しいアコースティックギターのサウンドも感動を高めてくれます。

スキマスイッチ

映画やドラマ、アニメなど数々のメディアで取り上げられたスキマスイッチの人気曲です。

爽やかでどこか寂しさが伝わってくるようなさりげない歌い方、そしてCメロでの情熱的な声で、聴く人を自分たちの世界に引き込んでいきます。

ノンフィクション平井堅

物悲しく、そして同時に強い決意を感じさせられる歌詞には多くの人が共感し、胸を揺さぶられました。

自殺してしまった友人のことを思って作られた曲だそうです。

もしあなたが、つらいことや挫折を味わい落ち込んでいたとしたら、きっと涙してしまうはずです。

アイネクライネ米津玄師

エモーショナルな男性の声で歌われる女性目線の曲です。

本当はとても意気地がなくてもろくて、何かを手にするだけでも傷ついてしまうような弱い心。

愛する人がそれでもいいよと言ってくれるなら、私の居場所をそこにおきたい。

そんな切なく優しい愛情が込められたラブソングにきっと涙が止まらなくなります。

スピッツ

恋人と別れた後の気持ちを悲しく歌っており、単純な別れの曲とも少し違うニュアンスを感じます。

歌詞の意味を考えれば考えるほど切なくなり、胸が締め付けられます。

センチメンタルなメロディも相まって、涙してしまう曲ですね。

365日Mr.Children

恋人や夫婦、愛する人への深い愛情がつづられた曲です。

365日毎日相手のことを思う気持ちが優しいメロディーに乗り、心温まります。

直球のラブソングで思いっきり泣けて感動する曲ですので、ウェディングソングとしても人気です。

披露宴会場でこの曲が流れたら感動して涙する参列者の方も多いです。

手紙~拝啓 十五の君へ~アンジュラ・アキ

もしあなたが平成生まれなら、学生時代にこの曲を学校で歌ったのではないでしょうか?

15歳の自分と未来の自分とが手紙を交わしながら、自分らしい生き方を探しながら進んでいく様子が描かれています。

ゴスペル調になるCメロの迫力は圧巻です。

366日HY

彼らの人気に火をつけた失恋ソングの鉄板曲です。

もう終わりだとわかっていても、心のどこかではまたヨリを戻せるかもという期待をしてしまう経験、あなたもありませんか?

切ない思いと現実のギャップに胸を締め付けられ、多くの女性が共感し涙しました。

僕が僕であるために尾崎豊

若者の心の葛藤が描かれた歌詞は多くのファンから共感を得ました。

彼がつむぐメッセージ性の強い歌詞には、矛盾した社会でもまっすぐに生きて行かなきゃと、あらためて考えさせられますね。

心につっかえていたものが外れて涙を流してしまいます。

まだまだ続く、あなたの気持ちに寄り添う涙が出る歌

胸がぎゅっとなるような楽曲ばかりでしたよね。

ここからはより「自分のことを歌ってくれている」感じられる曲が多くなります。

それでは、どうぞ。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています