人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

テンションコードの基本

今回はテンションコードについてをご紹介します。

いきなり読むと分かりづらいかもしれないので、この記事を読む前にこちらの記事をあわせてよろしくお願いします。

参考:【作曲入門】コードってなんだろう?分かりやすいコードの基本

参考:【作曲入門】分かりやすいセブンスコードの基本

参考:【作曲入門】オンコードと6thコードの基本

コードトーンとノンコードトーン

コードを構成している音をコードトーン(和声音)といいます。

例えばCメジャーコードの場合、ド、ミ、ソの音がコードトーンと言います。

Cメジャーコード

逆に言うと、Cメジャーコードにおいてド、ミ、ソ以外の音はノンコードトーン(非和声音)といいます。

そしてこのノンコードトーンこそがテンションと呼ばれるものなのです。

テンションコードとは

テンションコードとはあるコードにノンコードトーンを付け加えるものです。

テンションは今では「テンションが高い」のように気分が高揚していることを指すことが多いですが、もともとのテンションという言葉は「緊張」の意味を持ちます。

すなわち、コードトーンにノンコードトーンを加えることによって一瞬の緊張感を与えるとこができます。

ナチュラルテンションとオルタードテンション

テンションには3種類があり、それらは

  • 9th(読み:ナインス)
  • 11th(読み:イレブンス)
  • 13th(読み:サーティーンス)

に分類されます。

ちなみに9thはスケールの9番目の音、11thはスケールの11番目の音、13thはスケールの13番目の音ということです。

画像で確認してみましょう。

Cメジャースケールは「ドレミファソラシド」できています。

Cメジャースケール

しかしここまででは8番目の音までしかないので、ここでスケールをさらに拡張します。

Cメジャースケール

そしてこの赤い音符がテンションとなるわけです。

そしてテンションは

  • ナチュラルテンション
  • オルタードテンション

の2つに分けられます。

ナチュラルテンションは先程の9th、11th、13thのことです。

オルタードテンションは♭9th、#9th、#11th、♭13thです。

オルタードというのは「変化した」という意味を持ちます。

そしてこれらのテンションは使い方がある程度決まっています。

では、一つ一つ見ていきましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています