バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ビートルズの実力に気づいたのは日本人が世界で初めてだったかもしれない話

ビートルズに初めて目を付けたのは、後に彼らのマネージャーとなったブライアン・エプスタインだったというお話は以前にしました。

しかし、実は、彼よりも前にビートルズの実力に気づいた人物がいたかもしれない、しかもそれが日本人だった!?という驚きのお話です。

1. ビートルズの実力に気づいたのは日本人が世界で初めて?

船村徹

http://www.nikko-honjin.jp/about/funamuratoru

2017年2月16日、日本の偉大な作曲家の船村徹さんが亡くなりました。

彼は、村田英雄の「王将」、北島三郎の「風雪ながれ旅」、鳥羽一郎の「兄弟船」、細川たかしの「矢切の渡し」など演歌の名曲を多数作曲しました。

また、内藤洋子の「白馬のルンナ」などのポップスも手掛けています。

しかし、その船村氏とビートルズにどんな関係があるのかと誰しも疑問に思いますよね?

だって、日本の歌謡曲とイギリスのロックなんてまるで畑違いだし、そもそも本場のイギリス人ですらなかなか気がつかなかった彼らの実力に、何で先に日本人が気づいたんだって。

しかも、船村氏がビートルズの実力に気づいたのは、何と彼らが1962年10月5日にプロデビューするより前だったというから驚きです!

2. 船村氏とビートルズとの出会い

船村氏は、1959年に劇場公開された東映のアニメ映画「少年猿飛佐助」の音楽を制作しました。

これがその映画の予告編です。

少年猿飛佐助 予告篇 – YouTube

何とこれ1959年制作ですよ?

日本のアニメは、もうこんなレベルにまで到達していたのかって驚きますね。

色彩も美しいし、絵の動きもスムースで時代を感じさせません。

この映画がアメリカのMGMによって「マジックボーイ」というタイトルで配給されました。

その際、日本語のセリフは英語に吹き替えられたのですが、音楽はそのままで放映されたようです。

後にアニメ歴史家のジェフ・ベックは、ヒットの要因が「東映のアニメ制作者が、ディズニースタイルで作成し、日本の伝統的な音楽を使ったことと多くのかわいい動物たちを登場させたことにあった」と語っています。

3. 船村氏、ビートルズと出会う

1960年、この映画は、ヴェネツィア国際映画祭の児童映画部門で聖マルコ獅子賞に輝くという快挙を成し遂げました。

そして、船村氏は映画音楽制作者として高い評価を受け、イギリスのEMIとフランスのパテ・マルコーニから招待を受け、ヨーロッパに滞在しました。

船村氏は、訪問したロンドンで複数のミュージシャンのオーディションに立ち会いました。その中にデビュー前のビートルズがおり、オーディションに参加したミュージシャンの中では唯一のバンドでした。

「どのミュージシャンが良かったか?」と尋ねられた船村氏は「あの汚い4人組が一番面白いのでは?」と答えたとご本人が大瀧詠一氏との対談の中で語っています。

「作家で聴く音楽」第十七回 特別企画 大瀧詠一vs船村徹

ご本人が28歳頃の話ですが、受賞という栄誉を受けての渡欧ですから記憶も鮮明に残っていたに違いありません。

後にビートルズがブレイクした時に「あの時見たバンドだ!」とすぐに気がついたというのですから、まず間違いないでしょう。

こんな記事も読まれています