TheBeatles@RAG
ビートルズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:5,928 view

リンゴ・スターのドラムなくしてビートルズなし!

もはや知らない方はいないのではないでしょうか?

伝説的ザ・ビートルズのドラマー、リンゴ・スターの本当の実力についてお話します!

リンゴ・スターの実力は過小評価されている!

リンゴスター

http://beatles.world/

ネットを見ていると「リンゴはなぜビートルズの一員になれたのか?」「リンゴはビートルズの一員だったから有名になれた」「リンゴのドラムの実力は大したことがなかった」などといった趣旨の記事を良く見かけます。

そして、実は、日本だけではなく、世界中のネットで同じような議論がビートルズのデビュー以来、50年以上にもわたりいまだに続けられているのです。

しかし、これはとんでもない誤解であり「リンゴが存在しなければビートルズは存在しなかった」といっても過言ではない程、彼は優れたドラマーだったのです。

今回はこのことについてお話しします。

なぜリンゴは過小評価されるのか?

リンゴスター

これはなかなか難しい問題で一言で説明するのは容易ではないのですが、いくつか原因が考えられます。

1. 他の3人の実力が抜きん出ていたこと

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、特にジョンとポールは、あまりにも傑出した実力を持っていたため、彼らがビートルズの中核を形成し、リンゴはそれについて行っただけであるかのような印象を受けてしまうのかもしれません。

2. ドラマーは縁の下の力持ち

そもそもドラマーは、ベースとともにリズムセクションを形成し、バンドの縁の下の力持ちとして、後方でバンドを支える役割ですから、もともと目立つ存在ではありません。

一番目立つのはメインボーカル、次にギターやキーボードですね。

3. 難しいことをサラっとやってのけた

ここが非常にリンゴが誤解されやすいところだと思いますが、テクニック的にはかなり難しいことをやっていても、彼は、それをサラッとやってしまうので目立たないのです。

彼自身目立つことが嫌いだったということもあるかもしれません。

一流のプロドラマーたちが「リンゴのドラミングの完コピは絶対にできない」と断言するのもこういうところを指しているのです。

グリーン・デイのトレ・クールは、「そばで見ていても彼がどうやってあのサウンドを出しているのか分からなかった」と語っています。

4. ドラムソロをやらなかった

先程の話とも関連しますが、リンゴはドラムソロが嫌いで、ビートルズ時代は「ジ・エンド」という曲を除いては全くやりませんでした。

もちろん、やろうと思えばできたのですが、目立つことが嫌いでやらなかったのです。

また、ビートルズの楽曲自体、特に前期は3分未満の短いものが多く、長いドラムソロは必要なかったこともあります。

5. 手数が少なかった

ドラマーに対する評価のポイントとして、ドラムを叩く手数がいかに多いかということが挙げられます。

確かに、それがドラマーとしての評価のポイントの一つであることには違いありません。

しかし、手数が多いからといっても、それがバンド全体のバランスを崩してしまっては、かえってぶち壊しになってしまいます。

リンゴは、それを嫌って曲に合わせた必要最小限度のシンプルなドラミングにしていたのです。

「叩きたいけどあえて叩かずシンプルにやる」ここが理解できないと、彼を過小評価してしまうことになってしまいます。

おすすめの記事あわせて読みたい