- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

チケットノルマとは?【ライブハウス入門】

ライブハウスなどでライブをする際に「チケットノルマ」という言葉を聞く機会も多いと思います。

今回はこのチケットノルマについてお話します。

ライブハウスのチケットノルマって?

現在、日本のほとんどのライブハウスでは、当日の公演の出演バンドに「必ず売ってもらいたいチケット枚数」を提示します。

それがチケットノルマです。

例:当日2,000円のライブチケットの場合

15枚がチケットノルマだと、2,000円×15枚=30,000円分のチケットノルマ額が発生します。

チケットノルマの枚数はライブハウスやホールによってさまざまです。

どうしてチケットノルマがあるの?

チケット

ライブハウスだけでなく、ホール、野外施設、ドームなどでもチケットノルマはあります。

まず、大前提としてライブ会場にお客さんを呼ぶためにあります。

バンドのライブというのは「演奏者とお客さん」が存在して初めて成り立ちます。

そんな中、ライブには運営費がかかります。

ざっくり上げると、

  • 場所代(土地代)
  • 機材・楽器代(PA、照明などの設備)
  • 当日のスタッフの人件費
  • 出演バンドへのギャランティー……など

ライブ会場側(バンド含む)は、お客さんがチケットを購入して入場してもらわないと収益を上げられません。

もし収益を上げられなかった場合、ライブ会場自体の存続も難しくなってくることが多いと思います。

当日の出演バンドはもちろん、イベントの企画者、ライブハウススタッフのそれぞれが協力してこのノルマをクリアしなければなりません。

ノルマを達成できないとどうなるのか?

お金 イメージ

「チケットノルマ」=「必ず売ってもらいたいチケット枚数」

ライブに課せられてたチケットノルマが20枚で実際売れた枚数が10枚だった場合、残り10枚のチケット代は自腹で支払うことになります。

実際ライブを見にきたお客さんが0人でも支払わなければなりません。

逆にノルマをクリアした場合は、ノルマ以上に売れたチケット代はバンド側の収益になることが多いです(これをチャージバックといいます)。

その比率もさまざまで約50%〜100%はバンドの収益になります。

例えば、ノルマ15枚の2,000円のチケットが20枚売れて、チャージバック50%の場合。

2,000円×5枚×0.5=5,000円となります。

もちろん収益分配は状況によって変わってきます。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています