バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【機材運搬】キャリーカートへのペダルボードやケース類の固定方法

ギタリストやベーシスト、キーボードからドラマーまで、機材を持ち運ぶ機会というのは意外に多いです

特に電車や長距離をキャリーカートを使用して機材運搬をする際、エフェクターボードやその他ケース、場合によっては楽器本体を乗せて動かないといけません。

そういった時、ゴムロープなどで縛って固定されている方が大多数だと思うのですが、それ以外の、もう少しシンプルな固定方法を私自身がおこなっているため、紹介させていただきます。

まず用意するのは

用意するのはキャリーカート(当たり前ですが)。

私は有名なマグナカートを愛用しています。

よく転がりますし、丈夫です。

ちなみにコストコモデルです。

スーツケースベルトを準備する。

こちらがミソです。

これを使って固定します。

シンプルな物でOKです。

正直、スーツケース用でなくとも、固定用ベルトで締められる物であればなんでもOK。

ただ、スーツケース用の物は幅があるのでおすすめです。

固定の仕方

まずはキャリーカートとスーツケースベルトを用意します。

方法次に、キャリーカートへケース類(今回は大型エフェクターボード)を載せます。

方法そして、ぐるっと巻くようにスーツケースベルトを巻きつけて……。

方法しっかりと締めます。

方法

以上です!

簡単です。

これでよっぽど激しく動かない限り落ちることはないはずです。

方法

ゴムロープを使用するよりずっと簡単です。

方法ちなみに、下記の写真ようにベルトを2つ使用して、下段にペダルボード、上段にギターケースと積んでも問題なく固定できます(写真では普通のベルト代用)。

私はギターを2本持っていかないといけないライブで、こうやって運搬したことがあります。

方法

以上です。

最後に

私は個人的にはこの方法で2年くらい電車移動や歩きで運搬していますが、ひっくり返ったりしたことはないです。

ゴムロープ以外の固定方法をお探しの方は、ぜひ試してみてください。

それでは。

この記事を筆者のサイトで読む

プロフィール

ブロガー

らふる

Guitar / Music / Craft / Photo / Camera / Interior

ブログ:http://raflenico.hatenablog.com

Twitter:rafle_nico

この著者・クリエイターへメッセージを送る


著者の記事一覧

こんな記事も読まれています