人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【いまさら聞けない!業界用語】タイアップの意味とは?

何かとよく聞くタイアップという言葉。

「タイアップって何だろう?」と思っている方や、意味が曖昧な方など意外と多いのではないでしょうか。

今回はそんなタイアップについて説明しようと思います。

タイアップとは「結びつく」という意味

こちらはHondaの新たなスタイルのレンタカーサービス「EveryGo」が、ロックバンドyonigeとタイアップしている動画です。

タイアップ(tie up)とは「結びつく」という意味です。

一般的には「協力・提携」といった意味合いが強いと思います。

音楽業界、書籍業界などの企業が、別の業界と結びつくことを言います。

テレビや映画など注目度の高い映像業界と結びつくことが多いですね。

タイアップすることで露出する機会が増え、相乗効果でファンの獲得や商品の宣伝につながります。

タイアップの種類

企業の商品宣伝のためのタイアップ

映画

映画やテレビ番組に企業のサービスや製品を登場させることによって、企業や製品のブランドイメージが上がったりすることが見込めます。

それらの宣伝効果がある分、企業側が映画の制作費の一部などを負担することがあります。

楽曲やアーティストの認知度をあげるためのタイアップ

nolala音楽業界では、楽曲の知名度を上げることを目的に、映画やドラマの主題歌やCMソングとして使用されるケースがほとんどだと思います。

インディーズバンドなどのメディア露出が少ないアーティストでも、タイアップすることで知名度が上がります。

逆に映画に話題性を持たせるために、人気アーティストに楽曲の提供を依頼する場合もあります。

映画を観ることで音楽を思い出したり、音楽を聴くことで映画を思い出したりするので、タイアップは常にWIN-WINの関係性で成り立っています。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています