人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

よくわかるトロンボーンの音を変える仕組み。スライドと7つのポジション

ライブなどの際にお客様から声をかけられることがありますが、その中でよくこんな質問をされます。

「スライドでどうやって音を変えてるんですが?」

「スライドには目印とかあるんですか?」

今回はその疑問にお答えしましょう。

これからトロンボーンを始めたいという方も、この機会にぜひ楽器の仕組みを覚えてください。

最後に

最初は「ちょっと難しそう」と感じるかもしれませんが、やってみると意外に覚えられるものです。

スライドという特徴も「音程が不正確になりやすい」ではなく「自由な演奏が可能」と考えると、もっと楽しめるのではないでしょうか。

人の声のように自由に音程を変化させて歌う管楽器、それがトロンボーンです!

著者プロフィール

トロンボーン奏者

島田直道

1985年生まれ。

栃木県出身。

高校からトロンボーンを始め、昭和音楽大学短期大学部 と専門学校 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現:尚美ミュージックカレッジ)を卒業。

現在は自身のラテンジャズユニットKiyoseción でのライブをはじめ、アーティストのバックバンド、レコーディング、トロンボーン講師、執筆などで活動。

https://www.facebook.com/kiyosecion

また、サルサなどラテン音楽の専門家としても研鑽を積み、これまでLA-33、Yumuri、HERMANOS YAIPEN、Charanga Habanera、Victor Manuelle、Maykel Blanco y su Salsa Mayor など海外ラテン・アーティストの来日公演にてオープニングアクト等出演、Marcelo Villar(ex-Mayimbe)、Juan Carlos "El Lobo de la Salsa"(ex-Adolecentes Orquesta)、N'Samble来日の際にはバックバンドも務める。

2014年~2015年にかけて、日本初の音楽理論Webマガジン「サークル」にて【ラテン音楽講座】を連載。

http://circle.musictheory.jp/

2016年、大編成サルサバンド ORQUESTA REGULUS(レグルス)を結成。

https://www.facebook.com/orq.regulus/

EL COMBO CREACION、Star Salsa、PORCO ROSA、ORQUESTA HAVATAMPA メンバー。

ウェブサイト:http://gauche-tb.com

Twitter:gauche_tb

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています