バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
【トロンボーン初心者のための】楽器の構え方と音の出し方

【トロンボーン初心者のための】楽器の構え方と音の出し方

管楽器を始める上で最も基本的なことであると同時に、永遠の課題でもあるのが音の出し方です。

今回はトロンボーン演奏の基本の部分を、構え方も含めて解説してみたいと思います。

これから楽器に挑戦する方はもちろん、既にやっているという経験者の方もぜひご覧ください。

もしかしたら新たな発見があるかもしれませんよ!

やってみたいけどまだ楽器を持っていない、という方はこちらの記事を購入の参考にしてみてください。

音が出る仕組み(バズィング)

トロンボーンなどの金管楽器というのは唇を振動させて音を出します。

唇を細かく振動させることをバズィングといい、閉じた上下の唇の間(真ん中)を息が通過することで振動が発生します。

楽器の構え方

トロンボーンは左手だけで楽器を持ちます。

トロンボーンは左手だけで楽器を持ちます

持ち方は人によってさまざまですが、写真の赤い丸印の3点で楽器を支えるように握ります。

スライドを軽く持ちます

右手は、人差し指・中指の2本と、親指の計3本でスライドを軽く持ちます。

姿勢

最も呼吸しやすい無理のない姿勢で演奏

猫背のように背中が丸くなったり、反対に反り過ぎても呼吸が上手くできなくなるので、自然に立ちます。

自然に立つというのは、必ずしも背筋を伸ばしてピシッと立つということではありません。

必要以上に綺麗な姿勢を意識し過ぎて背中が痛くなるくらい真っすぐに伸ばしてしまう……という人が実は少なくないのです。

最も呼吸しやすい無理のない姿勢での演奏を心がけてください。

首が前に突き出た状態

首が前に突き出た状態も無意識になりやすいので気をつけましょう。

マウスピースをあてる位置と圧力

唇の形や厚さは人によって違うのでマウスピースを当てる位置にも「必ずここ!」という正解はないのですが、基本的には上過ぎたり下過ぎたりすると上手くいかないことが多く、唇に対して中心か、やや上辺りに当てる人が多いようです。

中には極端に上や下に当てることで上手くいく人も(ごくまれに)いるので「こうでなくてはダメだ」という先入観を持たずに自分にあった位置を探してみてください。

また、マウスピースは上下の唇に均等に圧がかかるように当てるのが理想的です。

この時に気を付けたいのが、マウスピースを当てる強さ(唇への圧力)。

唇にぴったりとつけないと振動が上手く楽器に伝わりませんが、押し付け過ぎると唇の柔軟性を失い、コントロールが低下するばかりか疲労もしやすくなってしまいます。

この適切な加減を見つけていくのも、金管楽器奏者にとって日々の課題になります。

音を出してみよう

アンブシュア

楽器を吹く時(息を吐いている時)の口の形をアンブシュアといいます。

「うーーー」っと唇をタコのようにつきだしたり、逆に横に引っ張ったりすると振動が発生しづらくなり、良いアンブシュアとはいえません。

楽器を吹く時(息を吐いている時)の口の形をアンブシュア

口の両端を締めすぎない

口の形は真ん中に軽く寄せる感じで、最初はある程度スピードを持った息だと音が出やすいでしょう。

試しに口に含んだスイカの種を数メートル先に目がけて「プッ」と飛ばすような口のイメージ”で息を吐いてみてください。

唇の両端が軽くキュッと支えられ、真ん中に息の通る穴ができます(口の両端を締めすぎないように注意)。

こんな記事も読まれています