人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【トロンボーン初心者のための】楽器の構え方と音の出し方

管楽器を始める上で最も基本的なことであると同時に、永遠の課題でもあるのが音の出し方です。

今回はトロンボーン演奏の基本の部分を、構え方も含めて解説してみたいと思います。

これから楽器に挑戦する方はもちろん、既にやっているという経験者の方もぜひご覧ください。

もしかしたら新たな発見があるかもしれませんよ!

やってみたいけどまだ楽器を持っていない、という方はこちらの記事を購入の参考にしてみてください。

音を出してみよう

アンブシュア

楽器を吹く時(息を吐いている時)の口の形をアンブシュアといいます。

「うーーー」っと唇をタコのようにつきだしたり、逆に横に引っ張ったりすると振動が発生しづらくなり、良いアンブシュアとはいえません。

楽器を吹く時(息を吐いている時)の口の形をアンブシュア

口の両端を締めすぎない

口の形は真ん中に軽く寄せる感じで、最初はある程度スピードを持った息だと音が出やすいでしょう。

試しに口に含んだスイカの種を数メートル先に目がけて「プッ」と飛ばすような口のイメージ”で息を吐いてみてください。

唇の両端が軽くキュッと支えられ、真ん中に息の通る穴ができます(口の両端を締めすぎないように注意)。

アパチュア

息が通る中央の穴をアパチュアといいます(写真の青い丸印)。

息が通る中央の穴をアパチュアといいます

息が通過する時、この部分から振動が発生し音になります。

演奏中、アパチュアがしっかり確保されて息が流れていればアンブシュアが多少崩れても音は出ますが、穴が潰れてしまうと息も通らなくなり音も潰れてしまいます。

高い音を吹こうとして音が潰れてしまうのも、口を締めすぎてアパチュアが潰れてしまうからです。

どんな音域でも、アパチュア(息が通る穴)を常にキープすることが上達のポイントになります。

音の出し方まとめ

最初はなかなか振動せずスースーと息の音だけになってしまうかもしれませんが、無理に音を出そうと口にぎゅっと力を入れるとそれこそ振動を起こせない状態になってしまいます。

  1. 口を自然に閉じた状態で、マウスピースを上下均等な圧で唇に当てる
  2. スイカの種を飛ばすような口で、なるべく遠くまで届くような長い真っ直ぐな息をイメージして吐く

息を吐き始めて最初の数秒間で音にならなくても少し遅れて音になることもあるので、なるべく一回一回長~く息を吐くようにしてみてください。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています