トロンボーンの演奏前に必要な4つのウォームアップ

トロンボーン奏者

スポーツなどをする前には準備運動(ウォームアップ)が必要ですが、楽器の演奏前にも同じように事前の準備が大切です。

今回はトロンボーンの演奏前のウォームアップで「どんなことをすればいいのか」にくわえ、「どんなことを意識すればいいのか」というところまで解説していきます。

4つのウォームアップとその目的

僕は、演奏前には4つのウォームアップが必要だと考えています。

  1. 呼吸をコントロールしさまざまな演奏表現を形にするための【体】のウォームアップ
  2. 息を音にする【唇】のウォームアップ
  3. 音や演奏のイメージを作る【頭】のウォームアップ
  4. 自分の力を最大限に引き出すための【心】のウォームアップ

では、練習や本番で楽器を演奏できる体や頭の状態を作るために、どんなことを意識すればいいのでしょうか?

体(呼吸)のウォームアップ

息を使って演奏する管楽器において「呼吸」は避けて通れない重要なポイントです。

体が硬くなり思うように呼吸ができないと、曲を演奏することはもとより、場合によっては音を出すこと自体が困難になることもあります。

楽器を吹く前には、まずストレッチなどがオススメです。

無理に体を曲げたりせず、ゆっくりと全身をほぐしていきます。

時間が無い時は、ぐぅ~~~っと伸びをするだけでもかなり違いますので、自分なりのストレッチメニューを考えてみてください。

体がある程度柔らかくなったら、メトロノームを使って一定のテンポの中で吸って吐くのを繰り返すなど、呼吸のウォームアップもやってみるといいでしょう。

「楽器を吹いているとつい力んでしまう」という方も、楽器を持たないウォームアップの段階で、なるべくリラックスしたまま呼吸する感覚を体に覚えさせるようにしてみてください。

唇のウォームアップ

唇に求められるのは「柔軟性」です。

閉じた上下の唇の間を「息」が通過した時、これをいかに音に変換できるか

体と同様、唇も硬い状態だと息が通過した時に上手く反応せず、綺麗な振動が起こせません。

唇のウォームアップには、口を軽く閉じたまま息をゆったりたっぷりと吐いて唇全体を「プルプルプルっ」と大きく震わせるフラッピングが最適です。

振動がしづらい場合は、息を吐く時に唇の上下がピタッとくっついているように意識してみてください。

ただし、力を入れてしまうと振動しなくなってしまうので注意が必要です。

上手くいくと馬が鼻を鳴らすような音がします。

これも呼吸と同じく力任せに唇を震わせるのではなく、長~いため息を吐くようなイメージで、閉じた唇が自然に震えるようにやるのがポイントです。

口の周りはもちろん、顔や首周りにも力を入れないよう、とにかく脱力をして行いましょう。

息をたっぷりと使って唇だけでなく体全体を振動させるようなイメージで、唇が適度にほぐれたなと感じるまでやります。

フラッピングはウォームアップだけでなく口が疲れたりバテた時にも有効です。

data-ad-format="fixed-height">