- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

VOCALOID4(ボーカロイド4)を使ってみよう

VOCALOID4 Editor for Cubaseが発売されてすぐにアップグレードを購入していたのですが、VOCALOID3でのやり残しを気にしてインストールしないままでいました。

VOCALOID4で追加されたたクロスシンセシスなどの機能を試してみたくなったので覚悟を決めてインストールしてみたところ、何の問題もなくVOCALOID3のエディタと共存ができたので拍子抜けしてしまいました。

さすがにYAMAHA製とあって抜け目なしといったところでしょうか。

今回はVOCALOID4とCubaseでどんな事ができるのか紹介してみたいと思います。

軽快になったリアルタイム動作

CubaseのインストゥルメントトラックにVOCALOID4 Inst VSTiを起動するとシンプルなインターフェイスが表示されます。

インストゥルメントトラック

VOCALOID3の時と同様に動作中の負荷を表示するLoadメーターと、新たに鍵盤のアイコンが追加されています。

鍵盤のアイコンが追加

この鍵盤のアイコンをクリックするとインターフェイスがオレンジ色に変化します。

インターフェイスがオレンジ色に変化

この状態がリアルタイムモードです。

この状態がリアルタイムモード

リアルタイムモードにするとVOCALOID3の時に比較して格段にレスポンスが良くなって鍵盤の入力に対してキビキビと発声します。

前のバージョンではボーカルのデータをMIDIトラックで作成してからボーカロイドのトラックにコンバートするのが当たり前でしたが、ボーカロイドのトラックに直接レコーディングも可能になりました。

リアルタイム入力時の音声を「あ」から「ら」や「た」などに切り替えることもできるので、鼻歌風に気軽に扱えます。

編集面でのメリットは薄いかもしれませんが、ちょっと確認したい時にハミングで歌わせる事ができるのは大きな進歩と言ってよいと思います。

ちょっと確認したい時にハミングで歌わせる事ができるのは大きな進歩

実際にやってみましょう。

鍵盤でドレミの歌を弾いた通りそのまま歌ってくれます。

VOCALOID4(ボーカロイド4)を使ってみよう

これだけ簡単にできると楽しくなってきますね。

便利なピッチレンダリング機能

ピアノロール上にどんな音程で歌うのかをラインで表示してくれるピッチレンダリング機能。

編集画面上のピッチレンダリングボタンを押せば現在のピッチカーブを赤のラインで、ビブラートが入る部分には青いラインで表示させることができ、その動きを視覚的に捉えられるようになりました。

今までピッチの修正は再生して確認するしかありませんでしたが、ピッチを編集する度にレンダリングしなおす必要はありますが視覚的にも捉えやすくなったことで大幅に入力しやすくなりました。

ただし、ピッチレンダリングを行えるのはリアルタイムモードをオフにしている時だけです。

ピッチカーブの表示をしたいときにはリアルタイムモードをオフにする、と覚えておいてください。

ピッチカーブの表示をしたいときにはリアルタイムモードをオフ

こんな記事も読まれています