人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

中古ギターを購入するときに注意したい7つのポイント

中古ギターは専門店や楽器屋さんだけでなく、リサイクルショップなどでも専用のコーナーを設けるなど、よく見かけるようになりました。

新品より安く購入できたり、そもそも新品では購入できない限定品や生産終了品を購入する際の魅力的な選択肢の1つです。

ただし、どんな人がどんな使い方をしてきたのかは分からないことが多いため、購入には少なからずリスクが伴います。

そこで今回は、中古ギター購入の際に特に注意したいポイントをまとめてみました。

中古ギターを買うときに注意したいポイント

大きな傷や汚れ

大きな傷や汚れ

「安い!」と目にとまったギターも、よくみると打痕や塗装にヒビが入っていることがあります。

ボディ自体に大きなダメージがある場合は、過去に落下させたり、強い衝撃を与えた可能性もありますので、他の部分にも異常がないか入念にチェックしましょう。

店頭に展示してあるギターをチェックする場合は、店員さんに一言断るのがマナーです。

フレットの減り具合

フレットの減り具合

最も顕著な違いが出るのが、フレット(弦と接触する部分)の減り具合です。

ギターは長年引き続けると、フレットがでこぼこになってきたり、特定の箇所だけすり減ったりします。

前の所有者の手癖で減り具合が独特な場合も多く、場合によってはサスティーン(余韻)や音のレスポンスが損なわれることもあります。

目視で確認したあとは、実際にチョーキングやコードを押さえたりしてチェックしましょう。

フレットの擦り合わせや交換は専門のリペアショップにお願いすることもできます。

ネックの状態

ネックの状態

ネック部分のコンディションは、木の材質や保管状態によって大きく左右します。

参考:ギターなどの楽器によく使われる木材の種類と特徴

まず確認したいのが、ネック痩せによりフレットの出っ張りです。

演奏にも支障が出るのはもちろんですが最悪の場合、手を傷つけることもあります。

修正にはフレットを削って調整するのですが、場合によってはフレットを打ち換えやネック交換などが必要になります。

併せてネックの反り状態も必ずチェックしておきましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています