- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

よく聞くことば「バイブス」ってどんな意味?

音楽雑誌やミュージシャンのコメントでよく出てくる「バイブス」と言う言葉。

どんな意味でどんなときに使う言葉なのでしょうか?

バイブス(Vibes)って言葉はどんな意味?

バイブス(Vibes)は、直訳すると気持ち・雰囲気・バイブレーションの略語です。

vibes=feelings, atmosphere, vibrations

意味:気持ち、雰囲気、バイブレーション

アメリカ生活 101 | スラング辞典 vibesの意味

過去には、女性ファッションモデルの今井華さんがテレビなどで発言し、話題になっていました。

ミュージシャンの間では、そのときの気分やテンションを「バイブス」と表現していることが多いのです。

一般的にはギャル流行語としての印象がありますが、いい音楽を聴いたときや、いいライブを見たときに使用されることが、歴代のミュージックシーンにおいてよく活用されています。

例えば、レゲエの世界では、ノリやフィーリングの意味として、HIPHOPの世界では気合や霊気の意味として使われることがあります。

歌詞でもよく耳にするときがありますね!

いつから使用されているか明確には分かりませんが、近年SNSなどでよく目にするようになりました。

基本的にバイブスは「上がる」「下がる」で表現する

基本的にバイブスは「上がる」「下がる」で表現する

http://www.photo-ac.com/

バイブスは、いい意味でも悪い意味でも使われます。

そのときのテンションを表現しているので、日本語では基本的に「上がる」「下がる」で表現します。

例:野外フェスなどで自然の中で盛り上がったりすることは良いバイブス =「バイブス上がる!」

例:険悪なムードやストレスが溜まる状況は悪いバイブス =「バイブス下がる!」

英語ではGood Vibes(良いバイブス)、Bad Vibes(悪いバイブス)と表現します。

例:I’ll send you some good vibes.(私はあなたに元気を送ります) など

と表現します。

こんな記事も読まれています