人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

声のビブラートの上手なかけ方。3つのコツと練習法

ボーカルなら一度は憧れる「ビブラート」。

今回はそのコツを3ステップにして紹介したいと思います。

ビブラートとは?

ビブラートとは、特定の音を揺らす音楽的技法です。

「音を揺らす」には、音程と音量の2種類の意味合いが含まれています。

歌の場合、フレーズの終わり際やロングトーンで使用されることが多いですね。

ビブラートは必ずしなければならないものではなく「ある効果」を狙って行われています。

その効果とは「心地よい声の余韻を作る」「フレーズにノリを出す」の2つ。

一般的な視点から、ビブラートをかけられる人とかけられない人を見てみますと、歌がうまいと思わせられるのは、ビブラートをかけられる人のようです。

音をストレートに伸ばすだけですと、どうしても単調に聞こえがちになる。

そこにビブラートを入れることで、歌のテンションの高揚感や、音の広がりを演出できます。

曲のジャンルによって、そのかけ方に若干の違いありますが、今回はポップス全般のビブラートのかけ方についてお伝えしていきます。

自由にビブラートをコントロールできるように、習得していきましょう!

1. 半音幅で音を素早く上下させる練習

ボーカル

https://www.photo-ac.com/

ビブラートをかけるための準備運動です。

ビブラートをかけるには、ある程度の速さで、音を上下に動かせることが条件になります。

練習は、自分の出しやすい高さの音で練習していきます。

「その音」と「その半音下の音」を交互に、「アー」で発声します。(音階例:ド→シ→ド→シ)

始めはゆっくりと、正確に行っていってください。

音程がクリアに聞こえるように、耳を澄まして注意深く行っていきます。

だんだんと慣れてきたら、スピードを上げていきます。

目安としては、1秒間に8音(ドを4つ、シを4つ=4往復ということ)入れられるようにしてみましょう。

喉や首に力が入っていると、素早く音を動かすことができませんのでリラックスして、脱力して、行ってください。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています