スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジンmenu

誰もが悩む「歌の練習場所」問題……近所迷惑にならず自宅で歌を練習する方法

歌うときは周りに気兼ねなく歌いたいものです。

カラオケボックスであれば大声で歌うことができますが、自宅では近所に自分の声が聞こえてしまわないかと心配になります。

近所に歌声が響かないように静かに歌の練習をする。

自宅でこっそり歌の練習をしたいときに役立つ方法をまとめてみます。

読者になる

 

声の大きさを知る「騒音計アプリ」

騒音計 FREE
カテゴリ: ユーティリティ 無料 iOSユニバーサル 評価: 2.5
iPhone・iPad

スクリーンショット

どれぐらいの音圧レベルであればうるさいのか、自宅で歌の練習をするなら音の大きさも知っておいたほうが良いです。

一般的に人の会話の大きさは60デシベルと言われます。

70デシベルで大声、80デシベルで怒鳴り声というような音圧レベル。

距離が遠くなるほど音圧は減衰します。

自分の普段の歌声の大きさはどれぐらいでしょうか?

歌の練習するときの目安として音圧を測ってみてはいかがでしょうか。

タオルを口に当てることで消音効果

https://unsplash.com

声を発した際、音は空気を振動させて伝わります。

タオルを口に当てると声が吸収され消音効果があります。

ただ呼吸がしづらくなります。

ブレスの際に変なクセがつかないように意識する必要はあります。

タオルを口に当てるだけなので、お金もかからず誰でもできるのでおすすめです。

メロディーに合わせてハミング練習

口を開けて声を出すのではなく、ハミングで歌の練習をします。

ハミングであれば口を開けて発声するよりもはるかにボリュームを抑えられます。

ハミングは声を外に飛ばすのではなく、体の中で声を振動させる感覚。鼻腔共鳴を強め響きのある発声の練習にもなります。

ハミングで歌の音程を正確に合わせられるように練習します。

リップロール・タングトリル

『知ってた??』 喉の力を抜く練習法!!リップロール お知らせ。ボイストレーニング

play_circle_filled

唇をぶるぶる震わせる「リップロール」

巻き舌が「タングトリル」

リップロール・タングトリルは歌うときの息のコントロールに役立ちます。

練習のポイントは一定の息の量を維持する。

少ない息で長く続けること。

1分間を目標にやってみると良いと思います。

カラオケなど歌う前にリップロールとタングトリルをやっておくと、喉が開いて声の通りが良くなります。

うるさくない程度に練習しましょう。

参考:世界のトップシンガーもボイトレに取り入れる「リップロール」とは?

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています

keyboard_arrow_up