人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ボーカルマイクのおすすめ。種類と選び方

「ボーカルにお勧めのマイクはどれ?」

「いっぱい種類があってどれを選んだらいいか分からない! 」

今回は、そんな方のために各メーカーのボーカル専用マイクをご紹介します。

マイマイクを使うメリット

自分の声を知ることができる

マイマイクを使うことで自分の歌い方の癖・トーンをより理解できるようになります。

マイクのコンディションを保てる

マイクは音を拾う機器として精密な構造となっており、扱いや保管状態も大変デリケートです。

ライブ会場や音楽スタジオなどで使用されているマイクの型番や使用頻度は様々で、コンディションが一定していないことも少なくありません。

扱い慣れることができる

マイクはそれぞれに固有の特性があり、出音も異なります。

普段のリハーサルから同じマイクを使うことで、本番のステージでストレスなく使用することができます。

オススメのボーカルマイクまとめ

SHURE SM58

89f583bc51e71afe4d673205dff289c6

http://blog.goo.ne.jp/athlon2005/e/d6eec792933127f09bf5bb711aaf4d99

ライブハウス・音楽スタジオには必ずと言っていいほど常備している業界標準の定番マイクです。

ライブハウスのPAさんも使用することに慣れているマイクです。

ただ定番が故、使用頻度や経過年数も違いコンディションがバラバラのところも多いです。

マイマイクとしてはじめに持っておくことで、これからのマイク選びの基準にしてみてはどうでしょうか。

ボーカル以外の用途にも十分応用できるマイクです。

  • 価格:15,000円ぐらい
  • 使用アーティスト:Bjork、Grimes、チバユウスケ、ほか定番マイクとして多くのアーティストが愛用

SHURE BETA87A

shure-beta-87c-232687

http://en.audiofanzine.com/electret-microphone/shure/beta-87c/medias/pictures/a.play,m.232687.html

近接効果(マイクに近づいたら低音が強調)を自然に防いでくれる仕様、指向性が優れているので、他のマイクに比べ圧倒的にハウリングしにくい仕様になっています。

機能はもちろんですが、なによりも軽い・持ちやすいので、ずっとマイクを持って歌うボーカリストにはお勧めです。(特に女性)

あとコンデンサーマイクですので、ファントム電源供給が必要となります。

ファントム電源は接続しているミキサーから供給される電源ですので、ライブの際に使用する際はPAスタッフさんへ、リハーサルの際はスタジオスタッフさんへ相談してみるといいと思います。

テレビの音楽番組で使用して歌われている現場でもよく見るマイクです。

  • 価格:30,000円ぐらい
  • 使用アーティスト:Rake (レイク)、Chara、Thom Yorke(Radiohead)…等

SHURE BETA58A

shure_beta58a

http://raise-one.jp/pa-tantai/beta58a/

同社のSM58に比べ「感度が高い」のが特徴のマイクです。

中音域が強調され、余分な低音域はカットされており、ライブボーカル用マイクとしての仕様になっています。

  • 価格:20,000円ぐらい
  • 使用アーティスト:Maroon5、Patti Smith、The Roots、Defftones、Nickelback、トクマルシューゴ…等

AUDIO TECHNICA AE6100

img_27154

http://www.audio-technica.co.jp/mi/show_model.php?modelId=2522

ボーカル専用にチューニングされた仕様で、ボディを二重構造となっており、手で持った時のノイズを低減しているので、激しいライブパフォーマンスにも活躍します。

高音域の音抜けもよく、女性の方にもオススメのボーカルマイクです。

  • 価格:17,000円ぐらい

SENNHEISER E945

00000190_main

http://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/190.html

ボーカルのみの収音特性があるので、ステージ周りで楽器がたくさん鳴っている「バンドボーカル向き」だと思います。

それとは反対に楽器録音にはあまり適していません。

  • 価格:22,000円ぐらい

SENNHEISER E965

00000204_main

http://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/204.html

指向性が切り替えられるので、ボーカル以外の様々な用途で使用できます。

少しお値段は高いかもしれませんが、レコーディング時でも使用できるので、1台持っていると万能に使えるマイクと言えます。

コンデンサーマイクですので、ファントム電源供給が必要となります。

  • 価格:70,000円ぐらい

NEUMANN KMS104

images

http://www.intermusic-pro.com/producto/neumann-kms-104-plus-ni/6904

世界を代表するハイエンドマイクブランドNEUMANNの、ライブボーカル専用コンデンサーマイクです。

マイクから多少離れてもしっかり声をキャッチしる「高ゲイン仕様」なので、ライブパフォーマンスで動いても安心です。

  • 価格:68,000円ぐらい

AKG D7

D7

http://leglyn.com/store/cats/19

ノイズも少なく安定のパフォーマンスを得ることがでるマイクです。

ダイナミックマイクですが、超単一指向性のマイクで周りの不要な音が入らない分、しっかり口をマイクに近づけないとクリアな音が収音できませんので注意が必要です。

  • 価格:21,000円ぐらい

AUDIX OM6

images

http://www.micsdirect.com/audix_om6.htm

人間の声の帯域をしっかり表現してくれるマイクです。

少し収音帯域が広いので、アコースティックや弾き語りなど楽器編成が少ないパフォーマンスの際、威力を発揮するマイクです。

  • 価格:22,000円

最後に

楽器屋さんでは実際手にとって、音の聴き比べもできるので気になる方は試してみましょう。

こちらでもさらに詳しく解説しております。

参考:レコーディングやライブで役に立つマイクの選び方

はじめてのマイク選びの参考になれば幸いでございます。

著者プロフィール

スタジオラグへおこしやす編集長・ギタリスト

中尾きんや

地元京都です。

バンド活動、PA音響やレコーディングエンジニア、スタジオ店長などを経て、現在は「スタジオラグへおこしやす」の編集長を担当しながら、(株)ラグインターナショナルミュージックの執行役員として日々奮闘中。

最近またスタジオラグ伏見店の店長も兼任しております。

今までは関西を中心に音楽業界にどっぷりな毎日を送っていました。

そこでは楽しさもありつつ、時には苦悩もあり、正直日々試行錯誤な20代でした。

現在は30代半ばですが、若いスタッフとともにここで音楽情報を発信しています。

執筆してくれているのは、現役バンドマンにミュージシャン、全国の音楽講師のみなさん、音楽関係のお仕事されている方やスタジオスタッフに、普段は音楽を専門としない人までさまざまです。

音楽活動のヒント、そして音楽初心者の方へ向けて発信し、多くの世代に読んでいただけるメディアを目指します!

人気音楽雑誌YOUNG GUITARでも執筆経験あり。

趣味はギターと料理とネットサーフィンとか。

好きな音楽は「ギターがかっこいい曲」です。

将来の夢はプライベートスタジオを創ること。

Twitter:kin_kinya

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています