人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

自分の歌声を録音して聴いてみたい!録音して練習するときに意識するべき4つのポイント

録音して練習するときに意識することは、録音機の選び方と、録音時の音量と録音した歌声を聴くときの音量と、どうしても歌声の改善点がわからないときは、人に聴いてもらって感想を聞くことです。

今回は自分の声を客観的に確認するためのポイントをここで紹介したいと思います。

自分の歌声を聴いてみたい!

ヘッドホン

http://o-dan.net/ja/

歌の練習をはじめるにしても、今まであまり歌ったことがない人は、あまり音程などをきちんととれない人が多いものです。

自分の歌声を知らないのに、歌がうまい人はほとんどいません。

「歌えればうまくなくても良い!」

と言うのなら別ですが、歌をうまく歌いたいのなら自分の歌声を録音して、

「何がどう変なのか?」

ということを自問自答して練習をしていくのをオススメします。

そのためには、次の4つのポイントを意識すると良いでしょう。

  1. 録音機の選び方
  2. 録音時の音量
  3. 録音した歌声を聴くときの音量
  4. 改善する部分がわからないときは人に聴いてもらう

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

1. 録音機の選び方

録音して練習するときに意識するべきポイントとして、録音機の選び方を考える必要があります。

録音機と言っても、いろいろな機械がありますが、初心者で、まだ録音などをあまりしたことがない場合は、手軽な録音機としてスマホがあります。

スマホを持っていない人は、パソコンやボイスレコーダーなど、録音できる機械なら何を選んでも構いません。

スマホのアプリをつかって録音すれば、スマホを使っている人ならば、初期費用もかかりませんので、歌の練習が続かない人でも、後で経済的に困ることも少ないでしょう。

お金がある人は、ボイスレコーダーを買ったり、マイクを買ったりして、本格的に録音して練習するのも良いでしょう。

最初にお金をかけすぎると、途中で自分に合わないことがわかった場合に、

「これだけお金をかけたのだから」

と、やめられなくなることもありますので、初心者にはやはり、できるだけお金がかからない方法からはじめることをオススメします。

高音質で録音できる高い機械を買ったとしても、聴く耳が成長していないと、高音質でも自分の耳が聴き取ることができないこともありますので、はじめのうちは、無理に高音質の機械を選ぶ必要もないでしょう。

最近はスマホもかなり音が奇麗に録音できますので、いろいろな音を正確に聴き取れるようになるまでは、スマホで歌声を録音して聴いてみましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています