スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジンmenu

スマホでうたを録るときの注意点とおすすめマイク

初めてだし、あまりお金も掛けたくない。

なにを手に入れればいいの?

という方にオススメの「今さら聞けない」シリーズ。

今さら聞けないデジタルDJのこと」「今さら聞けないDTMのこと」に続く第三回となる本記事は、「うたを楽しんで簡単に録る」ということをコンセプトに、「分かりやすく簡単に」特集してみたいと思います。

ところで、楽しんで簡単に録るということは、動画やMP3などを作るということのほかに、ライブなど人前でのパフォーマンスにも通ずるところがあるので、実はバンドさんにとっても要注目なお話。

そうした話も含んで楽しく紹介できればな、と考えています。

自分の声って変な声?

缶

https://sunphonix.jp

うたを録ってみると「自分の声ってこんななんだ……(泣)」みたいになりがちです。

「自分の声ってこんな声?」と録音物を人に聞かせると、心なく「そうだね」とも言われるし、間違いないんだなって二重に凹みます。

ただこの問題、人のREC(レコーディング)や自分のRECをやってきた私から言わせてもらいますと、「録り方」と「機材」の問題でそうなっている、ということであって、魅力がないということではないと思います。

ということで、まずは録り方の話からいきましょう。

良い「うた」が録れるたった二つのこと

椅子

https://sunphonix.jp

「プロのレコーディング」となるともちろん二つでは済まないのですが、こうしたプロの現場でおこなっていることは「プロが聴いても100点満点」であることを目標としていて、ソーシャルサービスなどでコンテンツを楽しむとかSoundCloudのような音楽公開サービスでの公開を目的としているのならば、正直とっても重要なのは「二つのこと」で十分だと思います。

逆にいうと、プロでこのことを疎(おろそ)かにしているケースは絶対にありません。

マイクと口元の位置関係

「位置関係」という言葉は、いろいろな意味を含んでまして、それは「向き」「距離」「高さ」です。

まず、本やWeb情報を調べてみた上での情報としては

  • マイクと口元の距離はこぶし2個分。
  • 口元はしっかりとマイクの方向に向き、マイクも口元の方に向ける
  • 高さはリラックスした状態で背筋をのばし、口元と同じ高さに

ということのようです。

が、僕の見解としては以上のことは本当に「基本情報」であって、もう少し自由で良い気がします。

というのも、マイクと口元の位置関係によって、「録れる音の雰囲気」(音質)が変わるからです。

つまり、自分が満足できる音質を、位置関係をアレコレと変えてみて「これだ!」というのを見つける方が良いのではないか、ということ。

その尺度として「基本はこんなくらいだよ」というのが「基本情報」であって、あまりこれに囚われず楽しむ方が良いでしょう。

じゃぁ具体的な答えはないのか!と言われると……。

そうなんですよね、ないんです。

というのも、声質によって「これだ!」という答えが全然変わるので、そもそも「答え」ということもないんです、残念ながら。

だけども「音がこもる」とか「やけに軽い」、「妙に声が近い、音楽に馴染(なじ)まない」とかそういう現象はこうした位置関係を変えることで改善されることが非常に多いです。

これでダメなら、そのとき初めて機材を疑ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに上手なプロのボーカリストの場合、この距離感を「曲に応じて」さらには「曲中」で変えて音を作ったりしてます。

それくらい位置関係のことはとっても大事、ということですね。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています

keyboard_arrow_up