人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ピアノの先生が教える】ボカロの曲を弾くコツ

最近、ボカロ(ボーカロイド)の曲が人気ですが、これをピアノで弾くにはなかなか大変です。

私の生徒の中にも「世界は恋に落ちている」や「千本桜」が弾きたいという子が大勢います。

ボカロをピアノで弾くためにまず注意しなければいけないこと

そんな時に注意しなければならないのがノリです。

私は、ポピュラー曲をピアノソロ、あるいは弾き語りの形のスタイルにアレンジする時は「ノリがでるかどうか」を一番意識しています。

ピアノソロで「ノリを出す」ためにはどうすれば良いのでしょうか。

これはもちろん弾き方にもよるのですが、どんなアレンジか、どんな楽譜かが重要です。

生徒にレッスンする時も、ポピュラー曲の場合はほとんどが耳コピ、あるいは音源を聞きながらコード付きメロ譜を参考にアレンジして楽譜を作りますが、ノリが出しやすくなるように常に考えています。

耳コピから楽譜作り。構成&メロディー

では、楽譜はどのように作れば良いのでしょう?

経験のある生徒さんには、レッスンの中で耳コピの手がかりを教え、自分なりの楽譜が作れるように指導します。

耳コピの方法としては、まずは「枠をとる」つまり構成や小節数を把握することから始めます。

初心者の場合、1段譜(コード付きメロディー譜)を購入し、まずは音源を聴きながら1段譜で構成を確認するところから始めます。

「弾きたい」と思っている曲に関しては、メロディーの音をとることはさほど苦労ではないはずです。

耳コピが大変なのだとすれば、それは構成がわかっていないからです。

Aメロは8小節を2回繰り返し、Bメロ8小節……などとわかるようになると、わかるところから書き込んでいけるわけです。

メロディーに関しては構成をとればわりとすんなりとれると思います。

ポピュラーはリズムが命

次にとるのがドラムなど流れているリズムの形(アクセントなどのパターン、16ビートか8ビートか等)、そしてベースラインです。

ベースは単音なのでわかりやすいと思いますが、ドラムを経験したことがない人はドラムのパターンはわかりにくいようです。

ベースやドラムがやっている通りにピアノソロで再現するわけにはいきませんが、後ろでどんなリズムが流れているかを知ることは大切です。

細かいところまでとる必要はありませんが、頑張って聴いてみましょう。

私はノリのあるピアノが弾けるようになるためにドラムも練習しているのですが、生徒さんにもドラムがどのようなパターンで叩いているのかを考えてもらい、普段ポピュラー曲を弾く場合も、必ずベースパターンやドラムのリズム練習をしてもらいます。

ベースパターンはピアノやキーボードで弾き、ドラムパターンはスネア(左手)とハイハット(右手)の部分を両手で叩きます。

できる生徒にはバスドラのパターンも一緒に足でやってもらいますが、リズムの刻みやアクセントを意識して叩きながらメロディーを歌うと言った練習に力を入れているのです。

ピアノの場合、両手でメロディー、ハーモニー、リズムの全てを担当しなければならないので、まずはできていなくても気づきにくい「リズム」を意識させるのです。

メロディーやコードは間違っていれば、大抵の人は気づくのです。

ノリ良く弾けるようになるためには「できているか」「できていないか」を聴くことのできる耳が必要です。

「できていない」ことがわかるようになれば「できない」ではなく、「今はできない(練習すればできる)」に変わるのです。

リズムやバッキングのパターンが鳴るシンセ系のキーボードや電子オルガンを持っているなら、コードを押さえながら歌うということも良い練習です。

MIDIデータなどが販売されているものについては、そういったものを聴くことも役立ちますが、カラオケのように聞き流すのでは意味がありません。

しっかりと聴いて、流れているリズムを確認しましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています