バンド・楽器・DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
おすすめワウペダルの種類と特徴

おすすめの定番ワウペダル。よくわかる種類と特徴

ギタリストがよく車のアクセルペダルのように足元で操作している機材。

あれは、ワウペダルというエフェクターで、音楽的にも歴史的にもギターとは切っても切れない深い関係にあります。

今回はさまざまなワウペダルの中でも特にオススメの機種をいくつかご紹介しますので、まだ使ったことない、という人はぜひチェックしてみてください。

ワウペダルって?

ワウペダルは、名前の通り「ワウワウ」という音響効果を出すためのペダルタイプのエフェクターのことです。

こんな音です!(一度は聞いたことがある音だと思います)

この効果は「強調される音の高さ(周波数帯)を演奏とともに変える」ことで生み出されるわけです。

音の高さは、音楽では五線譜上の音符の位置で表されますが、音響の世界では、音の高さは周波数で表されます。

音は、普通、ある速さで空気が振動する現象ですが、その振動の速さ(1秒間に振動する回数)を数値で表したものが周波数[Hz](ヘルツ)です。

数値が小さい(=振動がゆっくり)と低い音、数値が大きい(=振動が速い)と高い音で、ヒトの耳で聴くことができるのは、一般には 20Hz~20kHzと言われています。

http://acoutis.jimdo.com/acoustics/音の高さは周波数で表すことができます/

この音の高さを、ペダルでコントロールすることでスムーズかつ「ワウワウ」という音になって、不思議な効果を出すことができます。

基本的には、ペダルを踏み込むと高い周波数帯域をブースト(強調)され、戻すとカットされこもった音になります。

その歴史はエフェクターの中でも古く、もともとはギター用のエフェクターではなかったようです。

ジャズトランペッターが演奏中にミュートの開閉によって音質のコントロールをしている様を鍵盤演奏者が気に入り、元々キーボード用に開発されたワウペダルがギター演奏にも流用されてきたことで、現在のように普及した。

ワウは元々Jazz発祥のエフェクターである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワウペダル

よく出てくる用語「トゥルーバイパス」ってなに?

トゥルーバイパスというのは、エフェクト効果がOFFのときに「回路を通さない」状態を作り出すバイパス方式のことです。

初期のワウペダルに多いのですが、エフェクトOFF時にもギターの信号が内部の回路を流れるため、そのエフェクターを通った信号が音やせしてしまう原因になります。

トゥルーバイパス仕様であればエフェクトOFF時の音痩せを回避できるということです。

これは実際に弾いてみると体感できますので、楽器屋さんなどで試奏してみて比べてみましょう。

たくさんのエフェクターを繋いで使用する際など特に「トゥルーバイパス仕様」がおすすめです。

オススメのワウペダルの種類と特徴

VOX(ボックス)|V847-A

1960年代に前身のモデルV846として登場以来、プロミュージシャンにとって定番の機種となりました。

後継機種のV847-Aは電源アダプター対応となり、高品位バッファ回路を内蔵し、より実用性が高くなりました。

こんな記事も読まれています