Jazz@RAG
ジャズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:| view

【JAZZギタリストが選ぶ】和久井カツヒデ推しのギタリスト10名

今回は、京都を拠点に活動しているギタリスト、和久井カツヒデさんにオススメのギタリストを10名教えていただきました。

ジャズギタリストを中心に、世界で活躍する名ギタリストばかりです。

それぞれのギタリストの名曲・名演もピックアップしてもらいましたので、ぜひ楽しんで聴いてみてくださいね!

【JAZZギタリストが選ぶ】和久井カツヒデ推しのギタリスト10名

I’ll Be Seeing YouJulian Lage

現代ジャズギタリストでこの人の右に出る人は居るのだろうか?と思うぐらいすさまじい演奏を聴かせてくれます。

若いころからすごいなと思ってましたが、テレキャスターを使い出してからすご味が増したような。

ジャズギターに興味がなくても、ギタリストなら聴いておくべきではないでしょうか。

HomecomingJohn Abercrombie

強力なリズム隊で結成されたGateway という名のギタートリオは、インプロヴィゼーションとは?インタープレイとは?とのリスナーからの問い掛けに応えるかのような演奏。

残念ながら故人となってしまいましたが、ずっと聴き続けたいギタリストです。

When You Wish Upon A StarBill Frisell

この方もこのところテレキャスター使いですね。

なぜかジャズギター界ではテレキャスターがはやっています。

ビルフリはまずジャズギターの先入観を捨ててから聴いてくださいね。

現代ジャズギターに多大な影響を与えたギタリストです。

WindowsJonathan Kreisberg

こちらも現代ジャズギタリストとして一線で活躍中で、とてもかっこいいギターを聴かせてくれます。

コンテンポラリーとトラディショナルの混ぜ具合がいいバランスなんだと思います。

愛用のギブソン175の指板がデコボコになるぐらい弾き込んでいるのが印象的。

Que AlgeriaJohn McLaughlin

エレガットで弾きまくる、マクラフリントリオ。

めちゃくちゃかっこいいです。

このアルバムは何度聴いたことか。

スパニッシュとジャズを融合させた楽曲と3人の超絶プレイにノックアウトされること必至です。

個人的にはエレキよりアコギを弾いているマクラフリンが好きですね!

TracesCamila Meza

ジャズボーカリストとしても、ジャズギタリストとしても素晴らしい南米出身のアーティスト。

今やアメリカで売れっ子になってます。

この曲は彼女のオリジナルですが、他にもジャズスタンダードからロックナンバーまで多彩に演奏されています。

Goodbye Porkpie HatRalph Towner

ECMレーベルの中で好きなアーティスト。

ガットギターで織りなすジャズインプロヴィゼーションの世界観はとても美しいです。

基本的にはソロギタリストだと思いますが、いろいろなアーティストとのコラボもあり、とくにウッドベースとのデュオはオススメ。

AlfieJohn Scofield

言わずもがな、ジョンスコ様ですが、あのギターの音がなぁ、あのウニウニ感がなぁ、と敬遠する方も多いかと思いますが、まずはこのテイクを聴いてください。

名曲Alfieをここまで美しく、かっこよく演奏するギタリストは彼以外に居るでしょうか?

ここからハマって過去に遡るのもいいかも。

Watching YouPat Metheny

誰もが知っているPat Metheny。

今回あえて取り上げたのは、矢野顕子さんと共演している曲のギターがとても美しいからです。

このころ、この2人はいろいろと作品を残しています。

逆にPatのアルバムに矢野さんが参加してたり。

興味を持たれた方は探してみては?

In A FewKevin Eubanks

今回、紹介する中で唯一の黒人ギタリストとなりました。

フィンガーピッキングから繰り出されるパンチのある音と、エゲツないフレーズにどハマりしました。

変拍子にも長けていて、バラエティに富む作品を多数リリースされています。

おすすめの記事あわせて読みたい