スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

超かんたんなウォーキングベースの作り方

ジャズでおなじみのベースラインのウォーキングベース。

今回は、はじめてチャレンジする方でも入っていきやすいように解説したいと思います。

ウォーキングベースには大きく分けて2パターンあります。

ベース

http://o-dan.net/ja/

2ビート

4ビート

今回は4ビートのウォーキングベースの作り方をご紹介します。

4ビートのウォーキングベースライン

30秒だけご覧ください。

ウォーキングベースライン『Fブルース』スコア・タブ譜つき【ジャズベース】【4ビート】

このように1小節の中に音符が4つあるのが4ビートです。

ジャズなどでよく使われます。

簡単に4ビートを作る方法

めちゃくちゃ簡単に4ビートのラインを作る方法がこちら↓

  • 1つ目の音符=その小節のコードのルート音
  • 2つ目の音符=その小節のコードの3度の音
  • 3つ目の音符=その小節のコードの5度の音
  • 4つ目の音符=次の小節のコードのルートの半音上か半音下の音

楽譜にすると

ウォーキングベースライン

弾いてみます。

これだけで「ぽさ」は出ます。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています