人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

世界レベルの口笛奏者が教える!口笛が吹けるようになるコツ

今まで10年、20年と何度も試してきたけど、一向に口笛の音が出るようにならない!

音はちょっと出るけど、曲が吹けない!

そんな方たちにとって口笛で音楽を楽しんでもらうために、ここでコツなどを紹介できたらと思います。

口笛にはコツがある!

http://www.photo-ac.com/

口笛が吹けないそこのあなた。

みーんな吹けるのに、自分だけ吹けないと思っていませんか?

実は、私がコンサートや講演会の時に口笛の吹ける人に挙手をお願いすると、大体会場の半分かもう少し多いぐらいの手が挙がります。

どうやら、日本人の半分ぐらいは自分は口笛が吹けないと思っているようです。

なので、何も恥ずかしいことではありません。

口笛が吹けないと私に相談してくる人のうち、その場で個人指導をすると、ほとんどの方はすぐに音が出るようになって驚かれます。

その場で出ない方も、数日間練習をすれば音が出るようになるはずです。

そこで、私が使っている「すぐに音が出るようになるコツ」をご紹介します。

それはズバリ「舌の形」と「斜め下に向かって吹く」です。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

舌の形

「えっ、くちびるの形じゃないの?」と思われた方もいるかもしれませんが、口笛という楽器は、くちびるだけで音を出すものではなく、口の中からのど、さらに言えば肺まですべてが関係しています。

その中でも、音を形作るのは口の中、とくに舌の位置と形なのです。

くちぶえ君という方が考案した、「ひゆう」方式という口笛の音の出し方があります。

口笛の吹き方。口の断面図

  1. 「ひ」と言って、舌の両サイドの表側が奥歯に触れるのを感じてください
  2. そのまま「ゆ」と言って、舌先が下の前歯、あるいは歯茎あたりに触れるのを感じてください。そのとき、舌のサイドと奥歯は接触したままです
  3. 「ゆ」から、つなげて「う」。唇のあたりが少し絞られる感じがしたら、正解です

これで、口笛を吹く準備はできました。

では、実際に音を出してみましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています