人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

世界レベルの口笛奏者が教える!口笛中級者の罠!?「しゃくり」をコントロールしよう

口笛がある程度吹けるようになったら習得したいのがしゃくり。

これからしゃくりの練習をする方はもちろん、すでにしゃくりができるようになっている方にとっても注意すべき点があるので紹介しますね!

現時点で全く音が出ない方、メロディーが吹けない方は、先に第1回第2回の記事をお読みください。

はじめに

口笛_しゃくり_癖

https://www.pexels.com

どんな楽器でも、慣れてくると少々自分の「癖」が出てくるものです。

口笛の場合、上手になってくると多くの人が陥りがちな罠があります。

それが「しゃくり」です。

ではしゃくりとは一体どういうものなんでしょうか?

「しゃくり」とは?

しゃくり上げる

https://www.pexels.com

詳細な定義は異なりますが、音程を滑らかに変化させながら音の間を移動することを「ポルタメント」「グリッサンド」などと言ったりします。

音楽的にはとても重要な表現技法で、効果的に使えば表現の豊かさを増してくれますが、使いすぎるとくどくなってしまう諸刃の剣です。

特によくいるのが、各フレーズの頭で必ず下からしゃくり上げる人です(私がそうでした)。

毎度毎度同じでは聴いている人も飽きてしまいますし、クラシックの曲を演奏する場合など、楽譜にポルタメントの指示がないのにしゃくってしまうと作曲家の意図したのとは全く違う演奏になるだけでなく、クラシック音楽ファンからひんしゅくを買う可能性があります。

どうやってかけるの?

下からすくい上げるような、音程を上げていくいわゆる「しゃくり」を入れる場合は、音程の変化(第2回)やビブラート(第3回)の際に使った「うゆうゆうゆ」の「うゆ」(舌先が下から上に上がる動き)を1回だけやります。

その際、終着点がちゃんと狙った音程になるように気を付けましょう。

逆に、上から音程を落として狙った音にたどり着くような動きをしたければ、「ゆう」(舌先が上から下に落ちる動き)を1回だけやります。

どういうときに使えるの?

どんなタイミングで?

https://unsplash.com

使い方としては、主に3つあります。

  1. フレーズの頭で、本来の音程の半音または一音下(あるいは上)から滑らかに(ある程度勢いをつけて)狙った音程まで移動します。
    これが一番よくみられる「やりすぎ」の原因にもなりますので気をつけてください。
  2. フレーズの途中で、離れた音の間を音程を滑らかに変化させながらつなぎます。
    人によっては「スラー」と呼ぶこともあります(厳密には異なります)。
  3. フレーズの最後の音を伸ばす際に、最後の瞬間に音程をなめらかに落としながら(もしくは上げながら)音を切る、あるいはフェードアウトします。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています