人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

すごいぞWicked Chops!ちまたで話題の超ドラム練習パッド!

ドラマーの皆さん!

普段、家では練習パッドで練習するという人も多いかと思います。

各社、さまざまな練習パッドが発売されていますが、Ahead社から出たWicked chops(ウィキッドチョップス)はご存じですか?

これ、すごいんです!

今回はこの「ウィキッドチョップス」の魅力を紹介します。

Aheadから発売されたWicked Chops

Wicked Chops

なにがすごいのかというと……とにかく小さいんです(笑)。

でもすごく画期的です。

ウィキッドチョップスは2018年にAhead社から発売されました。

Ahead社はアルミ合金でできたドラムスティックを販売していることで有名です。

Aheadのスティックを使っている主なドラマーとしては、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、モトリークルーのトミー・リー、ボンジョビのティコ・トーレス。

日本だとラウドネスなどで活躍された偉大なロックドラマー、故・樋口宗孝さん、などというなんとも男らしい顔ぶれ。

そんな男らしいスティックメーカーから繊細さが求められるパッドが発売されました。

ドラムのいい音を出すにはこの大きさを狙う!

NAMM SHOWというアメリカで毎年開催されている楽器ショーで知り、すぐ大阪の某ドラム専門店に輸入して欲しいと言ったところ、2週間くらいで手元に。

それがこちら。

思わず10個買ってしまいました(笑)。

イメージ

小さいですね……。

大きさは約4センチ!!!

通常のスネアの大きさが約35センチなので、約1/9の直径しかありません

これはきつい!!

ただ、実はスネアにかかわらず、ドラムの良い音が鳴るポイントは、打面の中心のこれくらいの大きさの部分のみなんです

ペットボトルのフタくらいの大きさ、500円玉くらいの大きさ、くらいの感覚ですかね。

ただ、これまで各社から出ている練習パッドの中で、小さいものでも6インチ(約15センチ)が主流でした。

今回発売されたこのウィキッドチョップスは格段に小さい約4センチ!!!

パチパチパチ!

なので、正確なコントロールが必要とされ、自然と良い音が出せるポイントを狙える練習ができるパッドなんです!!!

パチパチパチ!

少し通販番組みたいになってきましたね(笑)。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています