人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

よく分かる管楽器のブレス方法

管楽器を演奏するということは息を使うわけですが、普段無意識に呼吸しているように息を吸っているようでは到底足りません。

呼吸にもさまざまな方法がありますが、特に管楽器の演奏で必要となるのは「腹式呼吸」という呼吸法です。

腹式呼吸とは

私が中学校や高校に指導に行かせてもらって出会う中高生達はブレスの時に、いちおう息を吸ってはいるけれども「楽器を吹くには足りない」ことがしばしばあります。普段私たちが会話をする時は無意識に息を吸っていますが、楽器を演奏しようと思うと何倍もの息の量が必要になってきます。

そして管楽器の演奏に必要な呼吸法と言えば「腹式呼吸」というものです。

腹式呼吸はよく、「お腹に息を入れます」と説明されますが、実際おなかに息は入りません。

口から入った空気は気管を通って肺に入ります。これはどのような吸い方をしても変わることはありません。

では、腹式呼吸とそうでない呼吸(胸式)は何が違うかと言いますと、腹式呼吸は横隔膜をできるだけ下げて深く息を吸えるようにした呼吸法です

最初は感覚がなかなかつかめないかもしれませんが、息を吸う時にお腹を膨らませて吸うようにしてみます。

「仰向け」になって深呼吸してみる

深呼吸してみる

立った状態から上半身を少し前に倒した状態で息を深く吸うと感覚がつかみやすいかもしれません。

初めは無理にお腹を膨らませようと思って吸っていたらそのうち自然と息を吸うのに合わせて横隔膜を下げれるようになります。

どうしても感覚がつかめないという人は「仰向け」になって深呼吸してみるといいでしょう。

お腹に手を当ててみると呼吸に合わせてお腹が上下しているのが分かるはずです。

長い時間かけて吐く

息を吐く

さて、吸った息ですが 膨らんだ風船が急激に萎むように息が出てしまうがままに出してしまってはいけません。

おヘソの少し下あたり(丹田)に少し力を入れて出ていく空気の量を調節します。

息が少なくなるにつれて膨らんだお腹も萎んでいきますが、膨らんだ状態を維持しつつ少しずつ萎んでいくようにコントロールしてください。そのためには少しお腹周りの筋肉も意識するといいでしょう。

息のコントロールは管楽器の演奏・コントロールに直接関わってくるのでとても大事なことであると言えます。

腹式呼吸の感覚が少し掴めたら、今度は1泊間で息を出来るだけ深くたくさん吸って自分が決めた長さで吐ききる練習をしてみてください。

また、吸った息をできるだけ長い時間かけて吐くという練習も大変効果的です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています